Macの辞書で単語を素早く調べる小技まとめ

Mac(macOS)にデフォルトでインストールされている「辞書」アプリでWebやPDFなどの書類上の単語を素早く検索する小技をまとめてみる。

macOS Big SurからはSpotlightサーチのプレビューがデフォルトでは無効になっているため、辞書関係の小技は覚えておくと便利。

Macの辞書で単語を素早く調べる小技一覧

コントロールキーを押しながらクリックして調べる

Controlキーを押しながら調べたい単語をクリックして「〜を調べる」をクリックするという方法はmacOSで恐らく長年最も親しまれている辞書機能。

ただし、この方法は最低でも2回クリックを挟むので少々手間がかかってしまう。

長押し(フォースタッチ)やショートカットキー(Command+Control+D)で調べる

近年のMacで最もポピュラーなのは調べたい単語の上でMagic Trackpad 2(及びMacBookのトラックパッド)でフォースタッチ(押し込み)や3本指でのタップ(トラックパッドの設定を変更している場合)を使用するかCommand+Control+Dキーのショートカットキーで調べる方法。

Command+Control+Dキーのショートカットはサードパーティー製のマウスを使っている場合でも有効なので便利。

フォースタッチではリンクされたテキストなどはハイライトが無視されリンク全体が選択されてしまう

ただしフォースタッチではリンクされたテキストはハイライト選択してもリンク全体が選択されてしまうという欠点がある。

Spotlightで調べる

macOS Big SurのSpotlightはプレビューがデフォルトで無効になっている

Command+Space(デフォルト)でSpotlightを起動し、調べたい単語を入力するのも有効だが冒頭でも書いた通りmacOS Big SurではSpotlight検索のプレビューがデフォルトでは無効化されており、Tabキー、もしくはエンターキーを押さないとプレビューが表示されないので従来のmacOSのSpotlightより不便になっている。

また、従来のSpotlightでは単語を入力した上でCommand+Lキーを押すことで「定義(辞書)」の項目にジャンプすることが可能だったが、その機能も無効化されている。

この仕様変更は海外で非難を浴びており様々なフォーラムで紛糾している問題なので将来のアップデートでの改善に期待したい。

辞書アプリをDockに追加して単語をドラッグ

意外と便利なのが上記画像のように辞書アプリをDockに追加して単語をドラッグする方法。

上記GIF画像のように調べたい単語をハイライトしてDockの辞書アプリにドラッグアンドドロップすれば辞書アプリが起動し、即座に単語を調べることができる。

この方法は辞書アプリが起動していなくても問題なく、もちろん辞書アプリが既に起動している状態でも利用可能。

ハイライトした単語だけを調べることが可能なため、フォースタッチと違ってリンクされたテキストでも有効だ。

簡易プレビューではなく辞書アプリ自体が起動するという挙動は好みが分かれるが個人的には便利だと思っている。

Spotlightの仕様変更は極めて残念

Spotlightでのプレビュー機能は重宝していたので、macOS Big SurになっていちいちTabキーを押さなければ辞書などをプレビューできないのは非常に不便だ。

将来のアップデートでSpotlightでのユーザビリティが向上するのを望みたい。