Macで新規・編集中のファイルを素早く保存・移動する小技

macOSにおいて新規書類や編集中の既存のファイルを素早く保存・移動する小技を紹介する。

Macで新規・編集中のファイルを保存・移動させるTIPS

Macで何らかのファイルを新規作成、あるいは編集中の場合、通常はそのファイルを保存したり移動する際に保存ペインを表示させたり、既存のファイルをフォルダにドラッグすることが多いだろう。

しかし条件付きではあるものの、保存ペインやファイルのドラッグなどを使用しなくても下記の方法で手っ取り早くファイルの保存・移動が可能だ。

ウィンドウタイトルのアイコンドラッグで素早く保存

「テキストエディット」などの自動保存が有効なアプリケーションではウィンドウタイトルのアイコンを希望の場所にドラッグアンドロップするだけで保存場所を変更できる。

もちろん保存ペインを表示させる必要もない。

ファイルの名称を変更する場合は保存後に手動で入力すればいい。

既存のファイルもドラッグで素早く移動

何らかの既存のファイルを編集中であっても前述の手順と同じくウィンドウタイトルのアイコンをドラッグして希望の場所にドロップするだけでファイルが移動する。

通常、編集中のファイルの保存場所を変更(移動)させる場合はFinder上でファイルをドラッグしたり別名で書き出したりする必要があるが、この方法を用いれば簡単に編集中のファイルの保存場所を変更できる。

右クリックで最近使用したフォルダを開く

また、ウィンドウタイトルのアイコンを右クリックすると最近使用した場所を表示させることができ、選択すればその場所のFinderウィンドウが即座に開く。

この場合保存や移動はできないが、新しく何らかのファイルを開きたい場合はとても便利だ。

この方法の弱点

上記で挙げた方法の弱点として上記方法が利用可能なのはウィンドウタイトルにアイコンが表示されるアプリケーションに限られるという点だ。

前述の方法はウィンドウタイトルのアイコンに頼っているため、独自のウィンドウレイアウトを持つXcodeなどの一部のアプリケーションはドラッグできるアイコンが表示されないため、前述の方法では保存・移動はできない。

まとめ

本記事で取り上げた方法は長年のMacユーザーにとっては当たり前のことかもしれないが、Mac歴が浅い僕はこの方法を知った時は驚いた。

もし新規書類の作成・既存のファイルの編集を行なっている際にサッとファイルを保存・移動したい場合は本記事の方法で作業効率が上がるはずだ。