Macのメールはアカウントを削除するとメールも全部消えてしまうので注意。メールをバックアップしよう

Mac(macOS)に標準でインストールされている「メール」アプリは使用している人も多いと思うが、致命的な欠点として「メールアカウントを削除するとそのメールアカウントの受信・送信ボックス内のメールも全部消えてしまう」という問題が存在する。

今回はメールアカウントの削除やmacOSにトラブルがあった際などに備えてメールアプリのメールをバックアップする方法をまとめる。

Macメールのバックアップ方法

メールボックスを書き出してバックアップ

Macメールには「メールボックスを書き出す」というエクスポート機能が存在し、これはAppleも推奨しているバックアップ方法なので現状では一番確実だろう。

Macのメールボックスを書き出すには書き出したいメールボックスをクリックして選択(上記画像ではinfornogr...から始まる部分)。

メールボックスを選択した状態でメニューバーの「メールボックス」から「メールボックスを書き出す」をクリック(メニューバーではなく右クリックからでも可)。

書き出し先の任意のフォルダを選択(上記画像ではデスクトップ)して「選択」をクリック。

以上でメールボックスとそのメールボックス内のメールが指定したフォルダに書き出されてバックアップは完了となる。

受信したメールだけではなく送信したメールも書き出したい場合も上記の手順で送信済みメールボックスを書き出す。

書き出したメールボックスを読み込む場合はメールアプリのメニューバーの「ファイル」から「メールボックスを読み込む」をクリック。

先ほど書き出したメールボックス(拡張子がmboxのファイル)を選択して「選択」をクリック。

上記のような画面が表示されるので「Apple Mail」にチェックをして「続ける」をクリック。

完了をクリック。

完了するとメールアプリのサイドバーに「読み込み」というフォルダが作られ、その中に読み込んだメールボックスが表示される。

これでメールボックスの読み込みは完了。

送信済みメールの読み込みも上記と同じ手順。

メールフォルダごとバックアップ

メールボックスを書き出す以外の方法としてメールアプリのフォルダごとバックアップするというものがある。

メールフォルダ全体をバックアップするにはFinderを起動しメニューバーの「移動」を選択して「フォルダへ移動」をクリックする。

「フォルダの場所を入力」と表示されるので下記のようにメールフォルダへのパスを入力して「移動」をクリック。

~/ライブラリ/Mail

上記のようなフォルダが開くので「V7(使用している環境によって違う名前の可能性もあるがVから始まる)」フォルダごとバックアップする。

以上でメールフォルダ全体のバックアップは完了。

バックアップ先からメールを読み込むにはバックアップ先のフォルダから上記のV7フォルダに上書きするか、メールボックスを書き出した場合と同様にメールアプリのメニューバーの「ファイル」から「メールボックスを読み込む」でV7フォルダを選択して読み込む。

メールをアーカイブ化する

アーカイブ化したメールはメールアカウントを削除しても消えない

メールボックスを書き出したりフォルダごどバックアップするのが面倒、あるいは特定のメールのみバックアップしたいのならバックアップしたいメールをアーカイブ化してしまうといい。

Macのメールアプリの仕様としてアーカイブされたメールはそのメールアカウントを削除しても消えない。

メールをアーカイブするにはアーカイブ化したいメールを右クリックして「アーカイブ」をクリックする。

アーカイブ化したメールは元のメールボックスからサイドバーの「アーカイブ」というフォルダ内に移動される。

この状態で元のメールボックスやメールアカウントを削除してもアーカイブフォルダ内のメールは影響を受けないため、簡易的なバックアップとして使える。

アーカイブ化したメールを元のメールボックスに戻したい場合は戻したいメールを右クリックして「移動」から戻したいメールボックスをクリックする。

まとめ

以上、メールアプリのメールをバックアップする方法を紹介した。

「メールアカウントを削除すると受信・送信済みのメールまで全て削除されてしまう」というのは割とハマりやすいmacOSの仕様なので、不足の事態などにも備える意味でメールのバックアップは定期的に行うようにしよう。