Mac iMovieで無料で動画にぼかしを付ける

動画の一部分をぼかすにはiPhoneなどの場合は優秀な無料アプリなども存在するがタッチでの操作は難があり、かと言ってMacで動画にぼかしを付けるには無料アプリだとウォーターマーク(アプリ名などの透かし)が付いてしまう場合が多い。

しかしMacに標準で付属するiMovieでも画像編集アプリと組み合わせると簡単なぼかし効果程度なら実現可能である。

今回はiMovieで動画の一部分をぼかす方法を紹介する。

iMovieで動画の一部分をぼかす方法

今回はこのようにTwitterアプリの一部のツイートをぼかす場合を例にとって解説していく。

iMovie自体にはぼかし効果の機能はないのだが、画像を挿入して動画に同期させることは可能なのでこれを利用してあらかじめぼかしが入った画像を用意して動画内に挿入し、動画と同期させれば擬似的なぼかし効果を動画に付与できる。

ぼかしたい部分のスクリーンショットを撮り画像編集ソフトでぼかす

まずは動画内のぼかしたい部分のスクリーンショットを撮り、Photoshopなどの画像編集ソフトでぼかし効果を施した画像を作ろう。

今回の例では上記画像の赤枠内のツイートをスクロールに合わせてぼかしたいので、赤枠内の画像のスクリーンショットを撮り、画像編集ソフトで上記画像の赤枠内をぼかした画像を作る。

赤枠内をぼかして出来上がった画像は上記のようになる。

なお、ぼかし効果の画像でなくても単純に黒塗りの画像やモザイク画像など好みの画像を使用しても構わない。

iMovieを起動し、ぼかしたい動画とぼかす元となる画像を読み込む

続いてはいよいよiMovieを起動し、まずはぼかしたい動画ファイルと先ほど作ったぼかす元となる画像をiMovieのウィンドウにドラッグアンドドロップして取り込もう。

なおiMovieを初めて起動した場合は「+」マークをクリックして「ムービー」を選ぼう。

動画と画像ファイルを取り込んだら続いて画面右上のツールバーから四角いアイコンをクリックして「カットアウェイ」となっている部分を「ピクチャインピクチャ」に変更しよう。

すると上記画像のように動画に被さる形でぼかす元となる画像が表示されるはずだ。

この際にツールバーの下にある0.5秒となっている部分を0秒に変更しよう。

これで下準備はひとまず完了だ。

画像の大きさを変更しキーフレームに合わせて画像をポジショニング

このままだと画像とぼかしたい部分の大きさが合っていないので画像四隅にある青い点をドラッグして大きさを変更しよう。

Shiftキーを押しながらドラッグすると自由変形が可能になるので動画内のぼかしたい部分の大きさに合うように変更していこう。

上記画像のようにぼかしたい部分に合うように画像の大きさを変更したら続いて左下のタイムライン部分の一番左をクリックして動画の先頭部分を選択状態にしよう。

上記画像のようにタイムラインの一番左に線が表示されたら動画の先頭部分が選択状態になっている。

続いて右上のプレビュー画面で四角のアイコンをクリックして画像を選択状態にし、左上部にある小さいマークをクリックしてからキーボードの右矢印キーを押し、キーフレームごとにぼかしたい部分に合うように画像をドラッグして位置を合わせよう。

右矢印キー、画像を移動という作業を動画の最後まで地道にやっていこう。

動画の最後まで上記作業を行なったら再生ボタンを押してプレビューしてみよう。

きちんと動画内のぼかしたい部分を追うように画像が移動していれば成功だ。

動画を書き出す

最後に動画を書き出す(保存する)作業に移ろう。

iMovieの一番右上の共有ボタンをクリックして「ファイル」を選び、好みの画質・解像度を指定して書き出す。

基本的には解像度やフォーマット、品質などはお好みでいいだろう。

あとは保存したいフォルダを選択し、無事に書き出しが終われば全行程完了だ。

まとめ

有料アプリであればぼかし効果は上記のような面倒な行程を経なくても可能だが、iMovieであれば無料で簡易的なぼかし動画程度なら作成可能なので「動画アプリを買うほどではないけどMacで動画をぼかしたい」といった場合にiMovieはとても有用だ。