MacでBluetoothオーディオのコーデックを強制する方法

最新版のXcode 12では「Bluetooth Explorer」ツールが削除されてしまい、Bluetoothオーディオのコーデックを強制できなくなったので、ターミナルを用いてBluetoothオーディオコーデックを強制する方法を紹介。

なお、コーデックの強制にはもちろんBluetoothオーディオデバイスがそれらのコーデックをサポートしている必要がある。

NOTE
本記事の方法はmacOS Big Sur以降では無効な場合があります。

Bluetoothオーディオコーデック強制方法

この方法ではターミナルを使用するが、コマンド実行後においても特にMacを再起動する必要などはない。

コマンド実行後にもし効果が現れなかった場合は一度Bluetoothオーディオデバイスを接続解除し、再度接続しよう。

また、パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

aptX

下記コマンドをターミナルで実行するとaptXコーデックを強制できる。

aptX強制オン
sudo defaults write bluetoothaudiod "Enable AptX codec" -bool true

強制をオフにする場合は下記コマンド実行。

aptX強制オフ
sudo defaults write bluetoothaudiod "Enable AptX codec" -bool false

指定そのものを削除する(macOSのデフォルトに戻す)には下記コマンドを実行。

macOSデフォルトに戻す
sudo defaults delete bluetoothaudiod "Enable AptX codec"

AAC

下記コマンドをターミナルで実行するとAACコーデックを強制できる。

AAC強制オン
sudo defaults write bluetoothaudiod "Enable AAC codec" -bool true

強制をオフにする場合は下記コマンドを実行。

AAC強制オフ
sudo defaults write bluetoothaudiod "Enable AAC codec" -bool false

指定そのものを削除する(macOSのデフォルトに戻す)には下記コマンドを実行。

macOSデフォルトに戻す
sudo defaults delete bluetoothaudiod "Enable AAC codec"

現在Bluetoothオーディオで強制有効になっているコーデックを確認する

現在Bluetoothオーディオで強制有効になっているコーデックを確認するには下記コマンドを実行する。

sudo defaults read bluetoothaudiod

値が「1」であればオン、「0」であればオフ。

もし上記コマンドを実行してもエラーが返される場合はコーデックの指定そのものがされていない(macOSデフォルト)ということになる。

なお、aptXとAAC両方の強制が有効になっている場合は正常にコーデックを強制できないため、どちらかのコーデックの強制をオフにするか記述を削除しよう。

まとめ

何故「Bluetooth Explorer」が最新版のXcodeで削除されたのかは判然としていないが、もし「Bluetooth Explorer」でBluetoothオーディオのコーデックを変更していたのなら今後は本記事の手順を行おう。