MacでDockをアプリケーションウィンドウの最前面に表示する方法

通常macOSのDockはウィンドウを最大化したとしてもアプリケーションウィンドウの上には重ならず、上記画像のようにDockの左右に若干の空白ができる。

この挙動を変更し、Dockを上記画像のように常にアプリケーションやウィンドウの最前面に表示する方法がないのか調べてみたのでまとめよう。

Dockを常にウィンドウの最前面に表示することは原則として不可能

結論から言えばDockを”常に”アプリケーションウィンドウの最前面に表示する方法はターミナルのコマンドを使っても不可能であり、少なくとも僕が調べた限りこの挙動を可能にするサードパーティーアプリケーションも存在しない。

ただ、ユーザービリティを犠牲にすればこの挙動を可能にするワークアラウンドは存在する。

Dockのショートカットキーを使用する

Command+Option+Dキーを押すとDockの表示・非表示を切り替えることができるが、このショートカットキーを利用してDockをアプリケーションウィンドウの最前面に表示することが可能だ。

まずCommand+Option+DキーでDockを非表示にし、アプリケーションウィンドウを最大化した後に再びCommand+Option+Dキーを押せばアプリケーションウィンドウの最前面にDockが表示される。

なお、このショートカットキーは単にシステム環境設定の「Dock」の項目に存在する「Dockを自動的に表示/非表示」の切り替えを実行しているに過ぎない。

この方法はいちいちシステム環境設定のDockの設定を弄るよりは手っ取り早いものの、アプリケーションウィンドウを最大化するたびにショートカットキーを実行する必要があるという点で前述の通りユーザービリティは犠牲になる。

Dockの表示速度のディレイをなくしてDockの表示速度を早くする

上記の方法だとユーザービリティが犠牲になるといってもDockをアプリケーションウィンドウの最前面に表示するには上記方法しかないため、上記方法を使う上で少しでもユーザービリティを向上させるためにDockの表示/非表示のアニメーションのディレイ(遅延)をオフにしてみよう。

macOS初期値
ディレイなし

Dockのディレイをオフにするにはターミナルで下記コマンドを実行する。

defaults write com.apple.dock autohide-time-modifier -int 0;killall Dock

これによりDockの表示/非表示のディレイがなくなるため、素早くDockの表示を切り替えることができる。

元に戻すには下記コマンドを実行する。

defaults delete com.apple.dock autohide-time-modifier;killall Dock

まとめ

Dockをアプリケーションウィンドウの最前面に表示するという挙動を求める人は少ないかもしれないが、もしDockを表示したまま完全にウィンドウを最大化したい場合は上記のワークアラウンドを試してほしい。