MacでiPhone・iPadのバックアップ先ドライブを変更する方法

デフォルト状態ではMacにiPhoneやiPadのバックアップを取るとメインストレージに強制的にバックアップが作成されてしまうが、iPhoneやiPadのストレージ容量によってはMacのストレージを著しく消費する他、容量によってはそもそもバックアップが作成できない。

ここではMacでiPhone・iPadのバックアップ先ドライブ(ボリューム)を変更する方法を紹介する。

この方法はMojave/Catalinaで有効であることを確認している。

バックアップ先を変更する手順

ターミナルにフルディスクアクセス権を与える

作業開始前に「システム環境設定」>「プライバシー」のタブに移動し、左サイドバーから「フルディスクアクセス」をクリックして「ターミナル」にチェックを付けておこう。

この設定をしておかないとターミナルで「operation not permitted」というエラーが出てしまう。

なお、フルディスクアクセスのアプリケーション一覧に「ターミナル」がない場合は「+」ボタンをクリックして「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」内になる「ターミナル」を追加してからチェックを付けよう。

デフォルトのBackupフォルダをリネームする

続いてFinderのメニューバーの「移動」>「フォルダへ移動」をクリックして以下のパスを入力して「MobileSync」フォルダに移動する。

~/Library/Application Support/MobileSync

「MobileSync」フォルダに移動したら「Backup」というフォルダがあるはずなので「BackupOld」などの適当な名前にリネームする。

変更したいバックアップ先ボリュームでBackupフォルダを作る

続いて変更したいボリュームに移動して「Backup」という空のフォルダを作成する。

今回は外付けHDDの「Data」というボリュームに作成した。

ターミナルでシンボリックリンクを作る

続いてターミナルを開き以下のようなコマンドを入力。

sudo ln -s /Volumes/(バックアップ先のボリューム名を入力)/Backup ~/Library/Application\ Support/MobileSync/Backup

「バックアップ先のボリューム名を入力」という部分には先ほど「Backup」というフォルダを作ったボリューム名を入力しよう。

例えば今回は「Data」というボリュームに「Backup」フォルダを作成したため、以下のようなコマンドになる。

sudo ln -s /Volumes/Data/Backup ~/Library/Application\ Support/MobileSync/Backup

鍵マークが出てパスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

コマンドが正常に実行されると先ほどの「MobileSync」フォルダに新たに矢印マークが付いた「Backup」というフォルダが生成されているはずだ。

これが指定したボリュームの「Backup」フォルダへのシンボリックリンクになる。

試しにこのフォルダを開いてみると先ほど指定したボリュームのBackupフォルダに移動するはずだ。

これで次回からはiPhoneやiPadのバックアップはこのシンボリックリンクを経由して指定したボリュームへのBackupフォルダにされることになる。

正常にバックアップが指定したボリュームにされることを確認したら作業は完了。

ちなみに元に戻すには矢印マークがついたシンボリックリンクを単純に削除してしまえばいい。

まとめ

iPhone・iPadのデフォルトのバックアップ先を外付けHDD/SSDなどの別ドライブ(別ボリューム)に変更するとメインのストレージがバックアップに食われることがないため、特にストレージ容量が少ないMacを使っている人にとっては上記の方法は極めて有効だろう。