Mac App Storeでアプリのアップデートやダウンロードがいつまでも終わらない場合の対処法

macOSのMac App Storeでは時折アプリのアップデートやダウンロードが途中で止まってしまったり(スタック)、そもそもダウンロードが始まらない場合がある。

アプリのアップデートが全く進まない

通常は再起動すれば問題は解消するが問題が起きるたびにMacを再起動するのも面倒なので再起動の必要がない対処法を紹介する。

Mac App Storeのダウンロード・アップデートが終わらない場合の対処法

下記の対処法を実行する際はあらかじめMac App Storeは終了させておこう。

appstoreagentを強制終了させる

アプリのダウンロード・アップデートが終わらない(止まる)場合の最も効果的な方法はアクティビティモニタからappstoreagentというプロセスを強制終了させる方法だ。

アクティビティモニタを起動したら右上の検索欄に「store」などと入れてappstoreagentを探そう。

見つけたらappstoreagentを選択状態にしてアクティビティモニタ左上のXボタンを押して「強制終了」「終了」どちらでもいいのでそのプロセスを終了させよう。

改めてApp Storeを起動すればダウンロード・アップデートが正常に完了するはずだ。

ただ、この方法の場合ドックのLaunchpadのプログレスバーが表示されたままになってしまうことが多いのでターミナルを開いて以下のコマンドを入力しよう。

killall Dock

これでドックがリセットされLaunchpadのプログレスバーも消える。

なお「Xcode」のアップデートに関してはアップデートを開始した後、Xcodeを一回起動させて上記画像の画面から「Install」をクリックしてあらかじめコンポーネントをインストールしておかないとアップデートが永久に終わらない場合があるので注意しよう。

Mac App Storeのキャッシュを消す

もし上記の方法を試しても改善しない場合はMac App Storeのキャッシュを消してみよう。

まず以下のコマンドをターミナルに入力して実行する。

open $TMPDIR../C/com.apple.appstore/

コマンドを実行すると上記画像のようにcom.apple.appstoreというフォルダが開くのでフォルダ内のファイルやフォルダを別の場所に移すなどして空っぽにしよう。

削除しても特に問題があるわけではないのだが不測の事態に備えて上記のファイルやフォルダは削除ではなく移動させた方がよい。

com.apple.appstoreのフォルダを空にしたらMac App Storeを再度立ち上げてみよう。

Mac App Storeのplistファイルを削除する

上記の方法でも改善しない場合はMac App Storeの設定情報が格納されているファイルを削除してみよう。

まずメニューバーのFinderの「移動」から「フォルダへ移動」をクリックして下記のパスを入力する。

~/Library/Preferences/com.apple.appstore.plist

.com.apple.AppStore.plistというファイルが選択された状態で開くのでこのファイルを削除する。

このファイルを削除しても新たにファイルが生成されるため、特に悪影響はない。

削除したら再度Mac App Storeを起動して改善されたか確認しよう。

Mac App Storeにサインインし直す

依然として問題が続く場合は一度Mac App Storeからサインアウトして再度サインインしてみよう。

Mac App Storeを開いている状態でメニューバーの「ストア」の項目から「サインアウト」をクリックして一旦App Storeからサインアウト し、再度「サインイン」を選んでサインインし直そう。

アップデートが完了したのにLaunchpadのプログレスバーが進まない場合

なおアップデートが終わったのにも関わらずLaunchpadのプログレスバーが表示され続け、アプリケーションのアイコンが「待機中」のまま進まなくなった場合は以下のコマンドを入力してLaunchpadをリセットしてみよう。

なお、以下のコマンドでLaunchpadをリセットするとLaunchpadのアイコンの並び順もリセットされるため注意(並び順が変わる以外の弊害はない)。

defaults write com.apple.dock ResetLaunchPad -bool true; killall Dock

以上でLaunchpadのプログレスバー及びアプリケーションの「待機中」の表示は消えるはずだ。

macOSのソフトウェアアップデートがスタックした場合

余談であるが、Mac App StoreではなくmacOSのソフトウェアアップデートがスタックした場合は以下のコマンドを入力して実行してみよう。

sudo softwareupdate --clear-catalog

まとめ

Mac App Storeのアプリのダウンロード・アップデートが止まってしまった場合は上記の手順のいずれかを試せば大抵の場合は解消する。

macOS Catalinaはバグが多く、Mac App Storeの不具合も頻繁に発生するため上記の方法ならいちいちMacを再起動させずとも問題を解消可能なので覚えておくと便利だろう。