Mac App StoreでアップデートしたくないアプリやmacOS Catalinaの通知を止める方法

Mac App Storeのアプリを利用している上で、例えばアプリがサブスクリプションプランに移行するなどして、あえて現在使用しているアプリをアップデートしたくない場合もあるだろう。

そのような場合においてMac App Storeのアップデート通知を止める方法を紹介する。

Mac App Storeのアプリアップデート通知を止める方法

作業開始前に当たり前ではあるがアプリの自動アップデートがオンになっていたら意味がないので、あらかじめMac App Storeの環境設定から自動アップデートをオフにしておこう。

プロファイルを作る

まず、下記のコードをテキストエディットなどのテキストエディターに貼り付ける。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>PayloadContent</key>
    <array>
        <dict>
            <key>DisableSoftwareUpdateNotifications</key>
            <true/>
            <key>PayloadDescription</key>
            <string>Configures App Store settings</string>
            <key>PayloadDisplayName</key>
            <string>App Store settings</string>
            <key>PayloadIdentifier</key>
            <string>PayloadIdentifier2</string>
            <key>PayloadOrganization</key>
            <string></string>
            <key>PayloadType</key>
            <string>com.apple.appstore</string>
            <key>PayloadUUID</key>
            <string>PayloadUUID1</string>
            <key>PayloadVersion</key>
            <integer>1</integer>
        </dict>
    </array>
    <key>PayloadDescription</key>
    <string>Disable Software Update Notifications</string>
    <key>PayloadDisplayName</key>
    <string>Disable Software Update Notifications</string>
    <key>PayloadIdentifier</key>
    <string>PayloadIdentifier3</string>
    <key>PayloadOrganization</key>
    <string>Company Name</string>
    <key>PayloadScope</key>
    <string>System</string>
    <key>PayloadType</key>
    <string>Configuration</string>
    <key>PayloadUUID</key>
    <string>PayloadUUID2</string>
    <key>PayloadVersion</key>
    <integer>1</integer>
</dict>
</plist>

.mobileconfigファイルとして保存する

コードを貼り付けたら適当な名前を付けて.mobileconfigという拡張子を付けて保存する。

上記のような警告が出るが「".mobileconfig"」を使用をクリックして保存。

ファイルが上記画像のように歯車アイコンとして保存されたら成功。

保存したファイルを実行してプロファイルとしてインストール

続いて保存した.mobileconfigファイルをダブルクリックして実行する。

警告画面が出るが「続ける」をクリック。

再度警告が出るが「インストール」をクリック。

上記のようにプロファイルとしてファイルがインストールされれば完了。

ちなみにプロファイルのインストールと同時に「システム環境設定」にも新たに「プロファイル」という項目が作られる。

これでMac App Storeのソフトウェアアップデートの通知が止まる。

ただ、Dockアイコンにはバッジが表示されてしまう場合がある点に注意。

なお、元に戻す場合はシステム環境設定から「プロファイル」に移動し、「−」ボタンをクリックしてプロファイルを削除すればいい。

バッジの表示も止める場合

Mac App Storeのバッジ表示も消したい場合は以下のコマンドをターミナルで実行する。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.appstore.plist DisableSoftwareUpdateNotifications -bool TRUE

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

元に戻す場合は下記コマンドを実行する。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.appstore.plist DisableSoftwareUpdateNotifications -bool FALSE

macOS Catalinaへのアップデート通知を止める方法

本記事の趣旨とは直接関係ないが、macOS Catalinaのソフトウェアアップデートの通知(バナー)を止めるには以下のコマンドを実行する。

sudo softwareupdate --ignore "macOS Catalina"

元に戻す場合は下記コマンドを実行しよう。

sudo softwareupdate --reset-ignored

まとめ

Mac App Storeは僕も愛用しているが、システム環境設定の通知設定にはMac App Storeの項目がないため、通知を止める方法は少々面倒くさい。

Appleには是非とも次期macOSでMac App Store関連の通知設定もユーザーが個別に設定できるようにしてほしい。