Mac App Storeの通知が消えない場合・オフにしたい場合の対処法

Mac App Storeの通知はシステム環境設定の「通知」にも設定項目が存在せず、基本的に通知やバッジを消す設定は存在しない。

ここではMac App Storeのバッジが消えない場合の対処法、及び不完全ではあるがMac App Storeの通知を一時的にオフにする方法、またMac App Storeの通知を一発で消すシェルスクリプトも紹介する。

なお、本記事の方法はMac App Store以外のアプリでも有効だが、Mac App Store以外のアプリの通知は大抵システム環境設定の通知設定からオフにできるため、あくまでMac App Storeを例に解説している。

Mac App Storeの通知バッジを消す手順

Xcodeなどのplistファイルを編集できるソフトウェアを用意する

まずはXcodeなどのplistファイルを編集可能なソフトウェアを用意しよう。

Xcodeは無料で下記からダウンロード可能だ。

Dockのplistファイルを開く

まずFinderのメニューバーの「移動」>「フォルダへ移動」をクリックするか、Command+Shift+Gキーを押してパス(Path)入力画面を表示させる。

続いて下記のパスを入力して「移動をクリック」

~/Library/Preferences/com.apple.dock.plist

com.apple.dock.plistというファイルが選択した状態で表示されるのでXcodeなどで開く。

plistファイルを編集する

plistファイルを開いたら「persistent-apps」という項目の▶︎マークをクリックしてツリーを開く。

ツリーを開くと「item」という項目が多数表示されるが、それぞれの「item」のツリーの「tile-data」ツリーを開いて「bundle-identifier」「com.apple.AppStore」となっているitemを探す。

「bundle-identifier」が「com.apple.AppStore」となっているitemを見つけたら、現在Mac App Storeアイコンにバッジが表示されている場合「dock-extra」の項目が「YES」になっているはずなのでダブルクリックして「NO」と入力して変更する。

あとはXcodeのファイルメニューから「Save」を選んで保存してXcodeを終了させる。

ターミナルでDockをリセット

続いてターミナルを開いて下記のコマンドを実行してDockをリセットする。

killall Dock

以上でDockが再起動され、Mac App Storeのバッジは消えるはずだ。

なお、この方法は現在Mac App Storeアイコンにバッジが表示されている場合に有効であり、この方法を用いてもMac App Storeを再度開いたり、DockのMac App Storeをドラッグして別の位置に移動させた場合は設定がリセットされ再び通知が表示されてしまうため、Mac App Storeの通知をオフにしたい場合はあまり有用ではないかもしれない。

また、macOSのアップデートがあった場合はデフォルト値に戻ってしまうため、再度上記の手順を踏む必要がある。

Mac App Storeのバッジを即座に消すシェルスクリプト

前述で行った作業を自動化したシェルスクリプトをターミナルで実行すると即座にMac App Storeのバッジを消すことが可能だ。

Xcodeがインストールされた状態でターミナルで下記シェルスクリプトを実行してみよう。

/usr/libexec/PlistBuddy -c "set persistent-apps:XX:tile-data:dock-extra false" ~/Library/Preferences/com.apple.dock.plist
sync
killall Dock

上記コードの「XX」には前述の方法で説明した「item」という文字列の後ろにある数字を入力する。

例えば「com.apple.AppStore」のitemの末尾の数字が「10(item 10)」なら「XX」の部分には「10」と入力して実行する。

killall Dockと表示されたらエンターキーを押して実行しよう。

以上でMac App Storeのバッジが消去される。

上記シェルスクリプトを使えばMac App Storeのアップデートインストール通知が表示された際などにMac App Storeを開かずに一発でバッジを消すことができるというメリットがある。

まとめ

以上、Mac App Storeのバッジが消えない場合の対処法、Mac App Storeのバッジをオフにする(不完全ではあるが)、Mac App Storeのバッジをシェルスクリプトで即時消去する方法を紹介した。

特にシェルスクリプトでバッジを即時消去する方法はMac App Storeのインストール完了通知が表示された際にいちいちMac App Storeを開かずに済むため有用だろう。

Mac App Storeは基本的に「自動アップデート」を有効にしている場合、勝手にアプリをアップデートしてくれる上、macOS Mojave以降はmacOSなどの重要なアップデートは「ソフトウェアアップデート」という独立した機能に移行したので、Mac App Storeの通知は重要性が低く、バッジ表示は煩わしいだけに感じる。