MacでMacの音とPS4の音を両方聞く方法

MacとPS4を所持していて、Macの音とPS4の音を同時に聞きたい場合の方法を紹介したい。

ヘッドフォンやイヤホンを使う際にMacもPS4も音質が向上するため一石二鳥。

なおここで紹介する環境はMac mini 2018PS4 Proを使用した場合。

方法

MacとPS4両方の音を同時に聞く方法で一番手っ取り早く、トラブルが少ないのはUSB-DACを使うこと。

最近のMacは音声入力端子を搭載している物がほとんどなく、単純に音声入力端子にPS4の音を取り込むという簡単な手法は出来なくなっている。

USB-DACのUSB端子をMac側に挿し、Macの音と電源はMacから取る形にして、あとはPS4 ProかPS4 Slim以外などの光デジタル端子があるPS4とUSB-DACを光デジタルケーブルで繋ぐ。

なおUSB-DACは発売されたばかりの最新モデルであるSound BlasterX G6がおすすめ。

現在Amazonでは14000円ほどだ。

私の使っているG5は11000円ほどだが、価格差が3000円なので最新モデルのG6を買ったほうが無難だと思う。

ちなみにSound Blaster XシリーズはUSB-Aポートを単独で一つ搭載しているので、Macに繋げてもUSBポートが犠牲にならないのも利点。

必要なもの

  • 光デジタル端子搭載のPS4 Proや、PS4 Slim(CUH-2100/2000)以外のPS4。
  • USB-DAC(出来ればCreativeのSound Blasterシリーズ)
  • 光デジタルケーブル(角型・丸型ケーブル)
  • USB-Aポートを搭載したMac

USB-Aポートというのは通常よく目にする上下の向きがあるポートのこと。

注意したいのはPS4 Slim(CUH-2100/2000シリーズ)には光デジタル端子が搭載されていないため、販売中の光デジタル端子搭載PS4はPS4 Proのみという点。

接続

まずUSB-DAC(私の場合はSound BlasterX G5)をMacのUSB-Aポートに繋ぎ、Macの音とUSB-DACの電源はここから取る。

続いて光デジタル端子を搭載したPS4 ProやPS4 Slim以外のPS4からUSB-DACのOptical In(光デジタル入力端子)に光デジタルケーブルで繋ぐ。

この際に注意したいのはPS4側の光デジタル端子は”角型”だが、Sound BlasterXのUSB-DAC側は”丸型”という点。

光デジタルケーブルを用意する際は片方が角型でもう片方が丸型の製品を選ぼう。

ちなみにUSB-DAC側には音声入力端子もあるので外付けのマイクを用意すれば、マイク入力端子やマイクがないMac miniなどでも音声入力が可能になるというおまけつき。

しかもMacに接続する際はドライバのインストールなども必要なく、MacのUSB-Aポートに繋ぐだけですぐに使用できる。

ただし、PS4とUSB-DACを光デジタルケーブルで繋ぐ以上、PS4でのマイクの使用は出来ない点は注意。

USB-DACのUSB端子をPS4に接続すればPS4でもマイクが使えるが、この場合はMacではPS4の音が聞けない他、マイク入力もPS4側に行くため、Macは無用の長物と化してしまう。

それとこれは私個人の環境によるのかもしれないが、PS4に直接USB-DACを繋げて使ったところ、高確率でPS4がスタンバイから復帰した際に音がなくなるので、安定性の面でも問題があった。

やっておいた方がいいこと

CreativeのSound BlasterXシリーズはMacをサポートしているものの、対応ソフトウェアがないため、Sound Blaster独自のイコライザー調整や擬似5.1chなどはそのままでは利用できない。

そのため、もしWindowsのライセンスが余っているなら、BootcampでWindowsを起動し、ドライバとソフトウェアをインストールして、設定はBootcampのWindowsからするといい。

設定情報はUSB-DAC本体に保持されるため、Windowsで設定した情報はMac側でも引き継がれる。

これらの設定は必須ではないが、MacとPS4双方の音質が飛躍的に向上するため、Windows環境が用意できるならやっておいて損はない。

なお、MacでSound BlasterXシリーズを使う際の詳しい設定方法は下記記事にまとめている。

Sound BlasterXをMacで使う際の設定

PS4の設定

全ての準備が整ったら次はPS4を起動して音声を光デジタルから出力するように設定しよう。

まず、PS4の”設定”画面へ行き、

”サウンドとスクリーン”から”音声出力設定”を選択。

ここから”主に使用する出力端子””光デジタル出力”に変更すればOK。

これでMacとPS4から両方同時に音声が出るはず。

なお、PS4から光デジタル出力で音声を出力した場合はHDMIからの音声も出てしまい、これはPS4側で止めることができないので、ヘッドフォンやイヤホンだけでPS4の音声を聞きたい場合は、必要に応じてテレビやモニタ側の音声をミュートにしよう。

Macをスリープにしても大丈夫

これは個々のMacやMacのモデル・種類によって変わってくるかもしれないが、例えMac側がスリープモードになっても、USB-DACへの電源は常にUSBポートから供給される。

そのためPS4でゲームをプレイ中にMacが予期せずスリープモードになってしまっても僕の環境ではPS4の音声は問題なく聞こえる。

まとめ

多少のお金はかかるが、この方法が私の見つけた最も快適で安上がりな”MacとPS4の音を同時に聞く”環境構築法。

USB-DACの手元で音量調節も出来るし、もちろんmacOSのメニューバー側でも出来る。

この記事が少しでも誰かの役に立ったら幸い。