TV/iTunesでSDで購入した映画をHD/4Kで買い直す方法

僕はTVアプリやiTunesで多数の映画を購入してきたが、AppleはiTunesストアにおいて2010年代初頭まではHD(1080p)映画の他にロープライスのSD(480p)映画も販売していた。

しかし現在はTVアプリやWindowsのiTunesで販売されている全ての映画は最低でも1080pとなっている。

現在TV/iTunesで配信されている全ての映画は最低でも1080p(HD)

ここで問題になるのがHD映画の場合はその映画がのちに4Kに対応した場合は無料で4Kバージョンにアップグレードされるが、SDで購入した映画はHDや4Kなどにアップグレードされず、しかも映画によってはHD版や4K版を買い直そうとしてもストア側ではHD版や4K版の映画を既に購入している扱いになってしまうことがあるという点だ。

本記事ではMacを例にして前述のような問題が起きた際にSDで購入した映画をHD(1080p)や4Kで買い直す方法を紹介する。

ややこしいTVアプリの仕様

SD映画を購入済みの場合、映画によってはHD版も購入済み扱いになってしまう。
この映画の場合、既にSDの字幕版を購入済みのためHDは吹き替え版しか購入できない

macOS CatalinaやiOS 13、iPadOS 13以降は映画の再生や購入は「TV」というアプリで行うが、前述のように当該の映画を過去にSDで購入した場合はHDや4K映画も購入済みの扱いになってしまうことがあり、こうなった場合TVアプリではそのままではHDや4K版を買い直すことができない。

なお、自分の購入した映画のバージョンを確認するにはMacやPCのTVアプリ/iTunesのライブラリから購入済みの映画を右クリックして「情報を見る」をクリックし詳細情報を表示しよう。

「HD」や「4K」といった表記がない場合、その映画はSD

映画の情報画面でタイトル下部に「HD」という表記がある場合は1080p、「4K」と表示されている場合は「4K(ストリーミング再生した場合)」、何の表記もない映画はSDである。

また、SDの映画は明らかに画質も音質も悪いため、視聴するだけでも解像度の違いは一目でわかるはずだ。

SD映画をHD/4Kで買い直す手順

SD版の映画を購入済みの場合にHD版を確実に買い直すにはMacやPCのTVアプリで下記の手順を行おう。

少なくともこの方法は試した限りではiPhoneやiPadのTVアプリからはできなかった(ライブラリから削除というオプションがない)。

まずライブラリでSDの映画を右クリックして「ライブラリから削除」をクリック。

上記ダイアログが出たら「映画を非表示」をクリック。

その後、改めてTVアプリで当該映画のストアページを開いてみよう。

上記画像のように当該映画が未購入の扱いになっていたら成功だ。

あとは普通に買い直せば当該映画のHD版や4K版を視聴可能となる。

なお、映画を買い直す際に上記のような警告が出たら「購入する」をクリックしよう。

また、この際、元のSDの映画は存在しない扱いになるようだ(非表示の購入リストを見てもSD映画は消滅している)。

映画を購入したら念の為、きちんとHD版や4K版を購入できたかどうか情報を表示させて確認しておこう。

タイトル下部に「HD」もしくは「4K」という表示があれば無事にHD版・4K版を購入できている。

まとめ

僕はWindowsを使っていた2010年代初頭から既にiTunesで映画を購入してきたため、ライブラリにはいくつかのSD映画が存在しているが、AppleはSD映画についてはなかったことにしているような印象を受ける。

TVアプリで販売している全ての映画が最低でも1080p映画となったことは喜ばしいが、本記事で扱った問題だけではなく、過去のSD映画購入者に対してはHD版を買い直す際に割引するなど、もう少しフォローが欲しいところだ。