AdGuardでMacブラウザなどからYouTubeコメント/チャットを非表示にする方法

ここでは以前紹介した「Web版Twitterからトレンドを非表示にする」という方法を応用してAdGuardでYouTubeのコメントやチャットを非表示にする方法を紹介する。

PC/スマホのWeb版Twitterからおすすめ・ニュース・トレンドを非表示にする

なお、ここではSafari版のAdGuardを例にして解説しているが、この方法はGoogle ChromeなどのAdGuardでもフィルタ構文が共通であるため有効である。

なお、AdGuardを導入したくない場合は「Shut Up」という機能拡張を利用しても同様のことが可能だ。

SafariでYouTubeコメントなどを非表示にするShut Up機能拡張

MacブラウザでYouTubeコメントを非表示にするまでの手順

AdGuardをインストール

まず、SafariやGoogle Chrome向けの広告ブロッカー「AdGuard」の機能拡張をインストールしよう。

AdGuardをインストールして起動するとSafariの場合、機能拡張をオンにするよう指示されるのでまずはSafariの設定をしよう。

なおGoogle Chrome版はこのような設定は必要ない。

Safariのメニューから「環境設定」をクリック。

機能拡張のタブに移動し、AdGuard関連の機能拡張全部にチェックを付ける。

以上で準備は完了だ。

AdGuardのSafari版に限って機能拡張だけではなくAdGuardアプリ本体もMacに常駐する必要があるのでメニューバーのAdGuardは終了させないようにしよう。

AdGuardのユーザールールにコードを追加

Safari/Google Chromeのアドレスバーの右横に「盾」の形をしたAdGuardアイコンがあるのでクリックし、更に「歯車アイコン」をクリック。

ユーザールールに以下のコードを追加する。

このコードをコピペ
youtube.com###comments

YouTubeを開いてコメントが非表示になったか確認

コードを追加したあと、改めてYouTubeの動画を開いてコメントが非表示になったか確認しよう。

動画のコメント欄が上記画像のように空白になっていたら成功だ。

要素の手動ブロックは使ってはダメ

なお、AdGuardには「要素の手動ブロック」という機能がありHTMLやCSSに詳しくなくてもスライダーで視覚的にブロックする要素を選択できるが、スライダーでの要素の選択でコメント欄を消した場合、YouTubeのサイドバーなど必要な機能まで消えてしまうためコメント欄を消す場合は先ほどのコードを使用し、要素の手動ブロックは使用しないほうがいい。

一時的にコメントを再表示したい場合

なお、一時的にコメントを表示したくなった場合はSafariの場合アドレスバーのリロードボタンを右クリックしよう。

すると「コンテンツブロッカーなしで再読み込み」というメニューが出るのでクリックすれば一時的にコメントを再表示できる。

再度その動画ページをリロードすれば再び自動でコンテンツブロッカーが有効になりコメントは非表示になる。

Google Chromeの場合は単純にAdGuardのアイコンをクリックしてブロックをオフにしよう。

チャットを非表示にしたい場合

YouTubeのライブ動画などのチャットを非表示にしたい場合、YouTube側で「チャットの非表示」という項目をクリックすればチャットは折り畳まれる。

ただ、「チャットを非表示」にしても別のライブ動画では再びチャットが強制表示されてしまうことがあり、いちいち「チャットを非表示」をクリックするのは面倒なので以下のコードを先ほどと同じくユーザールールに追加しよう。

このコードをコピペ
youtube.com###chat

これでチャット欄が最初からなかったかのように綺麗さっぱり消える。

まとめ

YouTubeコメントやチャットを非表示にする場合、この方法であればAdGuardだけインストールすればよく、別途コメントやチャット非表示の拡張機能を導入する必要がない。

特にAdGuardを既に導入済みの場合はユーザールールにコードを追加するだけで済むため、AdGuard利用者でYouTubeのコメントやチャットを非表示にしたい人は一度試してみてほしい。