eGPUとモニターの接続はHDMI・DisplayPortどっちがいいのか?

eGPUを導入するにあたってMac miniなどの外部ディスプレイがないMacやMacBookなどをマルチモニタで運用する際にeGPUからモニターに直接接続する場合があるが、HDMI・DisplayPortどちらで接続した方がいいのかまとめる。

なお本記事の内容はThunderbolt 3(USB-C)から変換アダプタなどでHDMI・DisplayPortに接続している場合も含む。

DisplayPortで接続する場合

DisplayPortのメリット

  • PC向けの規格のためWindowsやmacOSと親和性が(技術的には)高い
  • macOSのブート画面が表示可能(使用するeGPUやeGPUボックスによっては表示されない場合もある)
  • 色味が安定している

eGPUとモニターを接続する場合にDisplayPortを使用するメリットとして、DisplayPortは元々PCモニター向けに開発された規格であるため比較的Macなどとも親和性が高いというのが挙げられる。

例えばmacOS CatalinaではMac miniなどでeGPUを接続した際にブート画面の表示(Appleロゴの画面)がサポートされたが(eGPUやeGPUボックスによってはこの限りではない)、HDMI経由で接続した際は依然としてブート画面は表示されずDisplayPort接続の場合のみブート画面が出る。

また、HDMIだとケーブルの品質や接続するeGPUなどによっては画面の色味がおかしくなる場合がある。

実際に僕もHDMI経由だとスリープ復帰時に一瞬だけ画面が紫色になる不具合を確認している。

DisplayPortのデメリット

  • eGPUやモニターとの相性がある
  • 接続が不安定になる場合がある
  • エンターテインメントコンテンツなどに弱い

DisplayPortのデメリットとしてeGPUとモニター次第では認識が正常にされないことがあるというのが挙げられる。

僕はUSB-C>DisplayPort変換ケーブルでeGPUとLGの4K HDRモニター(LG 27UK650-W)を使用しているが、頻繁に接続が切れてその度にケーブルを挿し直すということを強いられた。

また、市販のUSB-C>DisplayPort変換ケーブルはDisplayPort 1.2対応までのものがほとんどのため、4K@60hz出力は可能でもHDR信号やHDCP 2.2に対応しているものは皆無に近い。

eGPUやeGPUボックスにDisplayPort端子が最初から存在する場合でも多くのeGPU/eGPUボックスではDisplayPort端子が1.2止まりである。

元々DisplayPortは前述の通りPCモニター向けの規格でありAV機器やエンターテインメントコンテンツ向けではないため、HDR信号やHDCP 2.2に対応しているのはDisplayPort 1.4以降である。

HDMIで接続する場合

HDMIのメリット

  • エンターテインメントコンテンツに強く広範なテレビにも接続可能
  • HDRやHDCP 2.2に対応したものが普及している
  • 環境によってはDisplayPortより接続が安定する場合がある

HDMIで接続する最大のメリットはHDMIはDisplayPortとは違いAV機器向けの規格であるためPCモニターだけではなく広範なテレビにも接続可能であり、HDMI 2.0a以降であればHDR信号にも対応している点だ。

もちろんHDCP 2.2もHDMI 2.0以降で既に対応済み。

DisplayPortでも1.4以降であれば技術的にはHDR信号やHDCP 2.2に対応しているがコンテンツを配信する側はHDMIを推奨、またはHDMIしかサポートしていない場合が多いため、AV機器・エンターテインメントコンテンツという点ではHDMIに軍配が上がる。

また、前述の通りDisplayPortの接続が頻繁に切れるという問題をmacOS Mojave使用時に経験したが、HDMIでは少なくともmacOS Mojaveにおいてそういった切断現象がなかった。

HDMIのデメリット

  • macOSのブート画面が表示されない
  • 色味がおかしくなる場合がある
  • ノイズに弱く高品質なHDMIケーブルは高価
  • 高解像度への対応が遅い
  • macOS Catalinaで不安定

HDMIのデメリットとしてはDisplayPortの逆になるが、まずeGPU使用時にHDMIで接続するとmacOSのブート画面を表示できず、更に色味がおかしくなることがあるということ。

また、HDMIは個人的な印象としてDisplayPortよりノイズに弱く、ノイズ対策が施され4K映像を高品質に伝送できる「Premium認証」を取得したHDMIケーブルが高価であるという点もデメリットだろう。

更にHDMIは高解像度への対応が遅く、現在最も普及しているHDMI 2.0の帯域では4K@60hzが限界であり5Kや6Kの60hz伝送には対応していない。

それに加えてmacOS CatalinaでeGPUを使用時のHDMI接続が非常に不安定であり(映像が映らない、接続が切れるなど)、少なくともmacOS CatalinaでeGPUを使用する場合はHDMIはおすすめできない。

結局どちらがいいのか?

結局DisplayPortとHDMIはeGPUとモニターを繋ぐ際にどちらがいいのか?

結論を言うとmacOS Catalina以外ではeGPU利用時ではHDMIの方が比較的安定しているためHDMIの方がいい。

macOS Catalinaの場合はその逆でDisplayPortの方が遥かに安定している。

HDMIとDisplayPortは設計思想からそもそも違うため、macOSのバージョンによっては問題が発生するのだろう。

現在、macOSではeGPUそのものによる不安定さはmacOS High Sierra時代に比べると遥かに改善されてきているが、接続端子にまつわる問題は依然として多い。

eGPUがmacOSでサポートされた当初も不具合だらけであったため、今後のmacOSの改善に期待したい。