MacでNetflixやAmazon Primeビデオを単体で再生できるFriendly Streaming

MacでNetflixAmazon Prime Videoなどの動画配信サービスを利用している人の中には「ウィンドウを前面に固定して他の作業をしながら映画やアニメを見たい」という人もいるだろう。

そういう人におすすめなのがFriendly Streamingという無料ソフトウェア。

本記事ではこのソフトウェアを褒めちぎるが別にお金を貰っているわけではなく本当に非の打ち所がないくらい良いソフトウェアなのだ。

Friendly Streamingのすごいところ

Friendly Streamingは動画を単体のウィンドウで再生出来るいわゆる”スタンドアローンプレイヤー”というタイプだ。

もちろんウィンドウを最前面に固定出来る設定も用意されている。

現在Mac App Storeにて配信されているがレビューもほとんど英語のレビューであり国内での利用者はかなり少ないようだ。

動画のスタンドアローンプレイヤーは国外に目を向ければMac向けにも沢山あるのだがFriendly Streamingは動画配信サービスに特化したプレイヤーNetflixAmazon Prime Videoの他にもYouTubeHBOHuluTwitchなど、ほぼ全ての動画配信サービスに対応している。

実はこのソフトウェア、以前はNetflixの視聴は出来たのだがAmazon Prime VideoはアメリカのAmazonに繋がってしまい日本のアカウントは利用出来ない状態が続いていた。

しかし先日のアップデートによりAmazon Prime Videoも日本からのアクセスが可能になり一気に利便性が増した。

もちろん、まだ全てのサービスが日本版のアカウントに対応しているとは限らないが少なくともNetflix、Amazon Prime Videoについては日本からの接続に完全対応している。

Friendly Streamingは日本国内では全くと言っていいほど認知されていないソフトウェアなのだがインターフェースは英語であるもののシンプルで使いやすくmacOS Mojaveのダークモードにも対応し、アップデートもコンスタントに行われている非常に優秀な動画プレイヤーだ。

たとえNetflix、Amazon Primeのみでの利用だけだとしても極めて完成度が高いソフトウェアのため、ながら見のプレイヤーとして利用する価値は大いにある。

動画サービスのスタンドアローンプレイヤーは他にもいくつかあったが試した中ではFriendly Streamingが最も安定していてUIも使いやすく対応動画サービスも多かった。

使い方

使い方は非常に簡単で起動した際に表示される動画配信サービスの一覧から利用したいサービスを選び、そのサービスのアカウントやID、パスワードを入力すれば、あとはいつもブラウザでするように動画を再生するだけだ。

サービスのアカウントやID、パスワードなどをサードパーティーのソフトウェアに入力していいのか不安に思う人もいるかもしれないがこのソフトウェアはMac App Storeで配信されておりAppleの審査を通過しているため、おかしな挙動もなく安心していい。

そもそもこのソフトウェアは言ってしまえば単純にウィンドウ内に動画配信サービスのWebサイト画面を表示しているだけなので情報が漏洩する心配は不要だろう。

動画サービスを切り替える場合はウィンドウ中央左のボタンをクリックしてあとは対応サービスを選ぶ。

プレイヤーを前面に固定したい場合はメニューバーのFriendly Streaming>Preferencesを選び、”Always Keep On Top”にチェックをつければFriendly Streamingのウィンドウが常に最前面に固定される。

また、ウィンドウの右上からはウィンドウの透明度の変更やUIを隠して動画画面だけを表示させることも出来る。

まとめ

Friendly Streamingは無料とは思えないほど良く出来た動画配信サービスプレイヤーで、ながら作業をする上ではとても重宝するソフトウェアだ。

僕は何らかの作業をする際、音楽を聴くよりは動画を再生させることの方が多いため、こういったソフトウェアの存在は非常にありがたい。

動画配信サービスのスタンドアローンプレイヤーを探しているならこのソフトウェアを使えば間違いないだろう。