Finderの小技。ウィンドウにファイルをピン留めして常に特定のファイルをトップに表示する

通常使用ではあまり気づかないがmacOSのFinderには特定のファイルやフォルダを常にウィンドウのトップに表示させる小技がある。

ここではFinderのウィンドウのトップに特定のファイルを常に表示する小技をいくつか紹介する。

Finderのウィンドウに特定のファイルをピン留めする方法

ツールバーを使う

macOSのFinderではCommandキーを押しながらファイルをウィンドウの上部(ツールバー)に移動させると「+」のマークが出現し、指を離せばそのファイルがウィンドウの上部にピン留めされる。

ピン留めを外す場合は再びCommandキーを押しながらツールバーからファイルをドラッグしウィンドウ内で指を離せばOKだ。

タグとグループを使う

ツールバーを使用する方法ではツールバーのスペースが空いている必要がある他、ファイルのサムネイルが表示されないという問題がある。

ツールバーを使用する方法以外だとタグとグループ機能を使う方法が有効だ。

まずトップに表示させたいファイルにタグを付け、続いてウィンドウ内を右クリックして「グループを使用」をクリック。

続いて再度ウィンドウ内を右クリックして「グループ分け」の欄から「タグ」を選ぶ。

するとタグ付けされたファイルだけが常にFinderのウィンドウのトップに表示され、その他のファイルとグループ分けされる。

0から始まる名前をつける

簡単な方法としてトップに表示させたいファイルのファイル名を000など、0から始まるファイル名に変更して「整頓順序(表示順序ではない)」を「名前」に設定するというものがある。

macOSのFinderは整頓順序を名前順に設定すると数字順に並ぶため、これを利用するわけだ。

ただしこの方法を使用した場合は他のファイルの並び順も名前順になってしまうため、他のファイルの並び順を変更したくない場合にはおすすめできない。

まとめ

極めて単純な手順ではあるがこれらの機能はあまり知られていないため僕自身も最近までは見落としていた。

特定のファイルをウィンドウ内のトップに表示させると特定のファイルを頻繁に利用する場合は利便性が向上するため是非上記手順を試してみてほしい。