「このURLはコンテンツブロッカーによりブロックされました」とは?

Mac、iPad、iPhoneなどでSafariを利用しているとWebサイトによっては「このURLはコンテンツブロッカー によりブロックされました」というエラーが出ることがある。

ここではこのメッセージが出る原因、対処法を紹介する。

原因はコンテンツブロッカー(広告ブロッカー)

当然ではあるがこのエラーはMac、iPhone、iPadなどにインストールされているSafari向けのコンテンツブロッカー (広告ブロッカー)が原因である。

コンテンツブロッカーにより挙動は異なるものの、アクセスしようとしたWebサイトのURLやタイトルに以下の文字列が含まれているとコンテンツブロッカーはそのサイトをいわゆる「アフィサイト」と見なしてブロックする。

  • adsense
  • affiliate
  • ads
  • ad
  • afl
  • アドセンス
  • アフィリエイト
  • アソシエイト

例えば下記のようなWebサイトがあった場合、そのWebサイトは有害コンテンツとしてブロックされる。

https://www.xxx.com/adsense/

英語で広告を意味する略語である「ad」「ads」は利用しているコンテンツブロッカーによってはブロックの対象とならないこともあるが、「adsense」「affiliate」という単語はURLに含まれているとほぼ確実にブロックの対象になる。

なお、当ブログは管理人自身がコンテンツブロッカーを利用している前提で作成・運営されているため本ブログの記事は正常に閲覧可能だ。

また、Macの場合Google Chromeなどであれば同じコンテンツブロッカーを利用していても上記のようなエラーは出ない。

iPhoneの場合の対処法

もしこのエラーを無視してWebサイトを見たい場合、iPhone・iPadの場合下記の操作を実行しよう。

iPhone・iPadで特定Webサイトのブロックを無効にする

まずエラーが出たページで画面下部のアクションボタンをタップしよう。

使用しているコンテンツブロッカーによってアクション画面の設定項目名は違ってくるが「サイト別設定(AdFilterの場合)」などの設定がある場合はそこをタップしてみよう。

もし使用しているコンテンツブロッカーに上記のようなホワイトリスト機能(特定Webサイトで広告ブロックを停止させる機能)が存在する場合、上記画像のような画面が出るので「すべてのブロックを解除する」などのボタンをタップしてブロックを解除しよう。

またはコンテンツブロッカーアプリ本体を起動してそこからホワイトリストを設定してもいい。

AdGuardなどの高機能コンテンツブロッカーの場合、ホワイトリストにエラーが出るWebサイトのドメイン(www.xxx.comなど)を登録してみよう

設定が終わったら再度Webサイトにアクセスし直してみよう。

ただ、前述の通りこういったホワイトリスト機能は全てのコンテンツブロッカーアプリにあるわけではなく、中にはホワイトリスト機能が存在しないコンテンツブロッカーも存在する。

iPhone・iPadのコンテンツブロッカーそのものを無効化する

もし使用しているコンテンツブロッカーに上記のようなホワイトリスト機能がない場合、Safariそのもののコンテンツブロッカーを無効にしよう。

まずiPhone・iPadの「設定」を開く。

「Safari」をタップ。

「コンテンツブロッカー」をタップ。

コンテンツブロッカー (広告ブロッカー)の一覧が表示されるので全部オフにしよう。

コンテンツブロッカーを全部オフにした後、改めてWebサイトを開けば正常に閲覧できるはずだ。

ただしコンテンツブロッカーを全部オフにすると当然広告が再び表示されるようになるので、Webサイトを閲覧した後は再度コンテンツブロッカーをオンにした方がいいだろう。

Mac Safariの場合の対処法

Mac Safariの場合は機能拡張の項目からコンテンツブロッカーをオフにしてもいいが、一時的にコンテンツブロッカーを無効にするならアドレスバーのリロードボタンを右クリックしてみよう。

ここで「コンテンツブロッカーなしで再読み込み」をクリックすると一時的にコンテンツブロッカーを無効にした状態でWebサイトを閲覧可能だ。

もし特定のWebサイトでコンテンツブロッカーを永久的に無効にしたいならコンテンツブロッカーのホワイトリスト機能を使用するかSafariの設定で無効にしよう。

Safariで設定する場合、まずメニューバーの「Safari」から「このWebサイトでの設定」をクリック。

すると下記のようなポップアップが開く。

ここで「コンテンツブロッカーを有効にする」のチェックを外せばそのWebサイト(ドメイン)でのコンテンツブロッカーが無効になる。

まとめ

Safariはトラッキングやプライバシー防止に力を入れているだけあって広告ブロック機能も強力であるため、広告に関連する単語がURLや記事タイトルに含まれているとブロックされてしまうことがある。

こういった機能は多くの場合、広告が無数にあるWebサイトを回避する手段として有用であるが、例えばお気に入りのWebサイトの特定の記事が見れないといった場合は本記事の対処法を試してコンテンツブロッカーをオフにしてみよう。