ターミナルでMac App Storeアプリを制御する方法

iPhoneやiPadのApp Storeではアプリの手動アップデートチェックなどができるが、Mac App Storeはそれらと比べると自由度が低いため、ここではターミナルでMac App Storeアプリを制御する方法をまとめる。

本記事の方法ではMac App Storeアプリのバージョンを一覧表示したり、ターミナル上でMac App Storeアプリの検索などが可能だ。

Mac App Storeのアプリをターミナルで制御する手順

1. Homebrewをインストール

まずはmacOS向けのパッケージマネージャ(コマンドラインによるソフトウェアインストールツール)であるHomebrewをインストールしよう。

既にHomebrewをインストール済みの場合はこの手順はスキップして構わない。

まず、ターミナルで下記のコマンドを実行する。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

コマンドを実行した後、「Press RETURN to continue or any other key to abort」と出たらエンターキーを押そう。

上記のような画面になればHomebrewのインストールは完了だ。

2. masをインストールする

Homebrewのインストールが終わったら続いて下記コマンドを実行して「mas(Mac App Store command-line interface)」というツールをインストールしよう。

brew install mas

「Summary」という見出しが表示されたらインストール完了だ。

3. masを使用してMac App Storeのアプリを制御する

続いてはいよいよターミナルでMac App Storeの制御を行なってみよう。

まず下記のコマンドで現在インストールされているMac App Storeアプリの一覧を表示可能だ。

mas list

ここではインストールされているMac App Storeアプリがバージョン番号とApp ID付きで一覧表示されるため、今インストールされているMac App Storeアプリのバージョン番号を瞬時に表示できて重宝する。

下記のコマンドでは特定の語句を含むMac App Storeアプリを検索して一覧表示できる。

mas search 検索語句

上記画面の例では「wallpaper」という語句を含むMac App Storeアプリの検索結果を表示している。

アプリのアップデートが存在するかどうかは下記コマンドを実行して確認できるが、管理人の環境(macOS Catalina 10.15.6及びmacOS Big Sur Beta 6)では正常に動作しなかった。

mas outdated

また、下記のコマンドでMac App Storeアプリの一括アップデートが可能だが、こちらも管理人の環境では効果がなかった。

mas upgrade

なお、下記のコマンドでmasで使用できるコマンド一覧を表示可能だ。

mas

まとめ

本ツールではMac App Storeの仕様変更により、一部の機能が正常に動作しなくなっているものの、Mac App StoreアプリのバージョンとApp IDを瞬時に表示できるというだけでも個人的にとても便利だ。

Homebrewやmasのインストールは初回だけであり、導入も簡単なのでMac App Storeアプリを多数利用している人は重宝するだろう。