macOSのGatekeeperのバージョンを確認する方法

macOSには「Gatekeeper」と呼ばれるファイル検疫機能がデフォルトで搭載されており、アプリケーションを実行する際に署名を確認してユーザーがマルウェアなどを予期せず実行してしまうことを防いでいる。

ダウンロードしたアプリを開いた際に「開いてもよろしいですか?」というダイアログが出るが、あれもGatekeeperの一機能となる。

ここではGatekeeperのバージョンを簡単に確認する方法を紹介する。

Gatekeeperのバージョンを確認する方法

ターミナルを使用する

最も簡単なのは下記コマンドをターミナルで実行する方法だ。

/usr/libexec/PlistBuddy -c "Print CFBundleShortVersionString" /private/var/db/gkopaque.bundle/Contents/Info.plist

上記コマンドを実行するとすぐ下に数字が表示されるが、これがそのmacOSのGatekeeperバージョンである。

SilentKnightを使う

ターミナルを使用する方法以外ではmacOSのセキュリティ情報を一覧で表示できる「SilentKnight」という無料アプリがおすすめだ。

公式サイトに飛んだら上記画像のリンクからダウンロードしよう。

アプリを実行すると上記のような画面になり、現在macOSで有効になっているセキュリティ機能の一覧が表示され、この画面でGatekeeper、更に署名システムを司るXProtectのバージョンも確認できる。

また各セキュリティ機能のバージョンが最新であるかもチェックしてくれる(画像下部)。

ちなみに僕はeGPUを使用する関係上FireVaultをオフにしているため、画像ではFireVaultの項目に注意マークが表示されている。

macOSのセキュリティを盤石にしたい場合はこの画面の全てにチェックが付いていることが望ましい。

まとめ

Macを使用する上でGatekeeperのバージョンを確認する必要はほぼないと思われるが、macOSをクリーンインストールまたは上書きインストールした場合にGatekeeperやXProtectが最新かどうかをチェックするのは特にセキュリティを意識する場合に重要であるため、上記の方法が役に立つだろう。

また、SilentKnightは無料でありながらmacOSのセキュリティ機能を一目で確認可能であるため、一度使用してmacOSのセキュリティを見直しておくのもおすすめだ。