macOS Catalinaでアプリのアイコンを任意の画像に変更する方法

僕はPhotoshopとLightroom Classicを主に使用しているのだが、今年のPhotoshopのアップデートでPhotoshopのアイコンは変わったもののLightroom Classicのアイコンは以前までと変わらず、LightroomとPhotoshopをDockに並べると不揃いで不格好だったのでLightroom Classicのアイコンを変更してみた。

アイコンのスタイルが不揃いで統一感がない

ここではMacアプリのアイコンを任意のものに変更する方法を紹介する。

注意
この作業を行うとアプリのアイコンが元に戻らなくなりアプリの再インストールが必要になる可能性もありますので試される場合は自己責任でお願い致します。
なお、管理人は実際にこの作業を行い正常にアイコンが変更されることを確認しています。

Macアプリのアイコンを任意の画像に変更する方法

ドラッグアンドドロップで変更する

最も簡単な手順として変更したいアプリケーションを右クリックして「情報を見る」のパネルを表示し左上のアイコンに任意の画像(icnsファイルやPNG)などをドラッグアンドドロップする方法。

ドラッグアンドロップすると管理者パスワードを聞かれるのでパスワードを入力すればアプリのアイコンが変わるはずだ。

元に戻す際は先ほどと同じく「情報を見る」の左上のアイコンをクリックして選択状態にした上で「Deleteキー(あるいはBackspaceキー)」を押せば元のアイコンに戻る。

すぐにアイコンが反映されない場合は一度Macからログアウト、またはMacを再起動して変更したアプリを開きなおしてみよう。

なお、この方法だとログアウトや再起動をしても場合によってはアイコンが変わらず上記のように一般的なファイルアイコンが表示されてしまったり、元に戻そうとしても元のアイコンファイルが表示されない場合がある。

この問題が起きた場合はターミナルを開き以下のコマンドを実行してFinderやDockの再起動を試してみよう。

killall Finder
killall Dock

それでもアイコンが元に戻らない場合はアプリケーションのリソースフォルダを開き、デフォルトのアイコンファイルをドラッグアンドドロップしてログアウト・再起動し、再び上記のコマンドを実行してみよう。

アプリケーションのデフォルトアイコンは通常アプリケーションのパッケージ内の「Resources」というフォルダに保管されている。

アプリケーションのパッケージを表示するにはアプリのアイコンを右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックする。

開いたフォルダを潜っていくと「Resources」というフォルダがあるのでこのフォルダ内にある、拡張子がicnsのファイルを探そう。

拡張子がicnsのファイルがそのアプリのデフォルトアイコンを意味する(画像はLightroomの場合)。

アプリケーションのicnsファイルを入れ替える

Macのアプリアイコンを変更する方法としてファイルをドラッグアンドドロップする以外にアプリケーションのデフォルトアイコンを入れ替えるというものがある。

まず変更したいアプリケーションを右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックしてフォルダを辿っていき「Resources」のフォルダ内に存在するデフォルトのアプリアイコンをリネームする(画像の場合はAppold.icnsにリネーム)。

Lightroom Classicのデフォルトのアイコン名はApp.icnsなので、続いて変更したいアイコンや画像をApp.icnsという名前に設定して置き換える。

その後、再起動しアプリを開き直せばアプリアイコンが変わっているはずだ。

もしアプリアイコンに変化が現れなかったらターミナルで以下のコマンドを実行しよう。

killall Finder
killall Dock

アプリアイコンを変更した結果

アプリアイコンを変更するとこのようにDockのアイコンもLightroom ClassicとPhotoshopで同じスタイルのアイコンになるため統一感が出る。