「アーカイブ」メールボックスが複数作られるmacOSのバグ。削除しちゃダメ

macOS Catalina以前から一部で報告されているバグとしてメールアプリの「アーカイブ」内に「このMac内」というアーカイブフォルダが複数作られるというものがある。

ここではMacメールアプリにアーカイブフォルダが複数存在する場合の正しい対処法を紹介する。

管理人の状況

管理人にこの問題が起きた際の状況としては、いつもと変わらず使用しているメールアカウントのメールがなぜか「受信」のメールボックスに保存されず、アーカイブフォルダに保存され、なおかつ全く同様のメールが入った「このMac内」というアーカイブフォルダが3つ存在する、というもの。

調べたところこれはmacOSの既知のバグであり、ネットを調べてみるとおよそ8年前、つまりOS X Mountain Lionの頃から存在しているようだ。

削除してはダメ

「このMac内」アーカイブメールボックスのどれか一つでも削除すると他の「このMac内」メールボックスも全て消えてしまう

この複数存在するアーカイブメールボックスであるが、どれかのアーカイブを削除すると連動して他の「このMac内」アーカイブメールボックスも全て消えてしまうため焦って削除してはいけない。

アーカイブメールボックスから通常のメールボックスに移動させて削除

複数存在するアーカイブのメールボックスを削除するなら、まずは中に入っているメールを右クリックして通常使っている受信メールボックスに移動させて、アーカイブメールボックス内を空にしよう。

アーカイブメールボックスを空にしたのなら、あとはこのメールボックスは削除して構わない。

前述の通り複数存在する「このMac内」アーカイブのメールボックスをどれか一つでも削除すると全ての「このMac内」というメールボックスが消えるはずだ。

まとめ

macOSは10年近く前から存在するバグが未だに完全に修正されず、最新のmacOSでもふとしたきっかけで発現する場合があるが、このメールアプリのバグもその一つのようだ。

もし全く同じ内容のアーカイブメールボックスが複数存在する場合はメールをあらかじめ本来属するメールボックスに移動させてから削除するようにしよう。