Apple Silicon Macの外部ディスプレイ・モニター問題と対処法まとめ

Apple Silicon Macでは外部ディスプレイ・モニター(以下外部モニター)を接続した際の互換性が問題になっており、実際に管理人のM1 Mac miniで発生した問題の全てはモニター関連である。

ここではMacRumorsフォーラムなどで得た情報や管理人の経験を基にApple Silicon Macと外部モニターの組み合わせで発生する問題の対処法をまとめる。

Apple Silicon Mac外部モニター問題と対処法

スーパーウルトラワイドモニタはmacOS Big Sur 11.2以降で対応

5120x1440といった俗に言う「スーパーウルトラワイドモニタ」はM1 MacではmacOS Big Sur 11.2でサポートされたため、もし使用しているM1 MacのmacOS Big Surがそれ以前のバージョンの場合は最新版にアップデートしよう。

リフレッシュレートは60Hz・FreeSyncはオフに出来る場合はオフにする

帯域不足の問題を回避するため、もし使用しているモニターが60Hz以上(144Hzなど)をサポートしている場合はモニター上で設定が可能なのであればリフレッシュレートの上限を60Hzまで落とし、更にFreeSync機能がモニターに搭載されている場合はそちらもオフに出来るのであればオフにしよう。

問題が発生したらMacRumorsの互換性表をチェックする

参考 Mac mini M1 compatible monitor listMacRumors Forums

MacRumorsのフォーラムではありがたいことに有志によってまとめられたApple Silicon Mac(M1 Mac mini)と各モニターとの互換性表が掲載されている。

あくまで「M1 Mac mini」が前提ではあるが、M1 MBAやM1 MBPでも同様にモニターの互換性の問題が報告されているので上記の互換性表は特にM1 Macの購入を検討している、あるいは新たにApple Silicon Mac用にモニターの購入を検討しているといった場合には是非チェックすることをお勧めする。

なお、管理人はBenQ・Dell・ASUS・EIZO・LG製のモニターを所有しているが、Apple Silicon Macと一番相性が悪いのはBenQの4Kモニターであり、実際にM1 Mac miniオーナーの間ではBenQ製4Kモニターに関する互換性の問題が多く報告されている。

参考 Mac Mini M1 locked at 30hz on Benq PD3220UReddit 参考 MacBook m1 and BenQ EW3270UReddit 参考 Mac M1 with BenQ EW3280U 32” MonitorMacRumors Forums

また、ArtIsRightというYouTubeチャンネルの下記動画ではBenQ製4Kモニターの接続テストを行っている。

結果は見ての通りであり、BenQ製モニターではいくつかの接続方式でリフレッシュレート関連の問題が発生している。

画像出典 ArtIsRight

また、Dellのモニターに関しては色空間がYPbPrになってしまうという報告が多くある。

参考 M1 Mac External Display - Fuzzy Fonts & Colors - YPBPR vs RGBMacRumors Forums

60Hz出力ができない

前述したようにBenQ製モニターや、更にLG製モニターの一部で「USB-C(Thunderbolt)ポートからモニターのDisplayPortに接続した際に60Hz出力ができない」という問題が発生している(管理人のBenQ EW3280Uでも発生している)。

対処法

この場合はApple USB-C Digital AV MultiportアダプタのHDMIポート、あるいはUSB-C>HDMI変換ケーブルなどを用いてモニターにはHDMIで接続するか、もしモニターにDisplayPortのバージョンを変更する機能が存在するのであれば「DP 1.4」ではなく「DP 1.2」に変更すると60Hzで出力ができるようになる。

もし既に「DP 1.2」の設定の場合は逆に「DP 1.4」に変更する。

また、モニターに「DP 1.4(DSC)」という表示があるのなら「DP 1.4(DSC)」を有効にすれば「DSC - Display Stream Compression(ディスプレイストリーム圧縮)」により帯域に余裕ができ60Hz出力、場合によってはモニターが対応していれば144Hz出力すらできる場合がある。

もしモニターにDisplayPortバージョンを変更する設定が存在しない場合は前述したアダプタやUSB-C>HDMI変換ケーブルでHDMIで接続するしかない。

管理人の環境(M1 Mac mini+BenQ EW3280U)では上記のアダプタ及び変換ケーブルで正常に60Hz出力が可能になることを確認している。

なお、HDMI接続で60Hz出力ができない場合はモニターのHDMIポートがHDMI 2.0をサポートしていることを確認し、モニターに設定が存在するのであれば「HDMI 1.4」ではなく「HDMI 2.0」に変更する。

擬似解像度が2560x1440までしか選べない

M1 Mac miniのHDMIポートからHDMIでモニターに直接接続した場合、60Hz出力は可能だが擬似解像度が2560x1440までしか選べないという問題を確認している。

管理人がテストしたところ、これはBenQ製モニターに限ったことではなく管理人の所有する全てのモニターで同様。

対処法

対処法というよりはワークアラウンドとして、2560x1440以上の擬似解像度を利用するにはApple USB-C Digital AV MultiportアダプタのHDMIポート、もしくはUSB-C>HDMI・USB-C>DisplayPort変換ケーブルでモニターと接続するしかない。

ただし、この場合でも選択できる擬似解像度は3008x1692までであり、3360x1890といった擬似解像度は選択できない。

もちろん、この挙動はモニターによっても変わってくるかもしれないが、少なくとも管理人の所有するモニターのいずれも同様の挙動である他、同様の問題が多数報告されているため、M1 Mac mini(あるいはM1チップ自体)に制限が存在するのではないかと考えている。

参考 Mac mini M1 external display scaling option (HDMI/TB3)MacRumors Forums 参考 Missing HiDPI setting on Mac mini Dell U3219QMacRumors Forums

M1 MacBook(Air/Pro)で内蔵モニター使用時に外部モニターで4K@60Hz出力ができない

M1 MacBook(Air/Pro)でクラムシェルモード時は外部モニターで4K@60Hz出力が可能だが、内蔵モニターを表示している場合は外部モニターでは4K@30Hzまでしか出力できないという問題が報告されている。

参考 Can the M1 MBP drive a 4K display at 60Hz when not in clamshell mode?Ask Different
対処法

これは内蔵モニター(MacBookのモニター)で擬似解像度をデフォルト以外の擬似解像度(1680x1050など)に変更していることが原因であり、内蔵モニター側の擬似解像度を「ディスプレイのデフォルト」に戻せば内蔵モニター・外部モニターを両方表示している場合でも4K@60Hz出力が可能になる。

外部モニター使用時に外部モニターが点滅する

上記動画は海外の一般ユーザーによる動画だが、管理人のBenQモニターでも一度だけこの現象が発生したことがあり、一部モニターをApple Silicon Macに接続した際に激しく画面が点滅するという報告は多くある。

対処法

対処法として前述の項目と同様にモニターの設定でDisplayPort・HDMIのバージョンをDP 1.4、DP 1.4(DSC)、DP 1.2、HDMI 2.0などに変更する。

ただし、モニターにそのような設定がない場合はアダプタやUSB-C>HDMI、あるいはUSB-C>DisplayPortケーブルなどを問題が解決するまで一通り試すというお金と手間のかかる作業が必要になる。

この問題はMacRumorsのフォーラムでも毎日のように報告されており、これがmacOS Big Surの問題であるならばアップデートを待つしかないようにも思える。

参考 M1 Air ghosting, flickering with external displayMacRumors Forums

なお、管理人のメインのモニターであるBenQ EW3280UにはDisplayPortのバージョンを変更する機能がないのだが、Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタを使用して以来、この現象は発生していない。

ピンクスクエア(ピンク色の四角いアーティファクト)が表示される

Appleは公式にM1 Mac miniにおいて画面上に「Pink Square(ピンクスクエア)」とユーザーからは呼ばれているアーティファクト(異常ピクセル)が表示される問題の存在を認めている(管理人は経験ない)。

参考 Apple Investigating Issue With 'Pink Squares' Appearing on Displays Connected to M1 Mac MiniMacRumors

この問題はmacOS Big Sur 11.3で修正される予定であるが、それまでの間はピンクスクエアが発生した場合において下記の対処法を試すことをAppleは推奨している。

対処法
  • Mac miniをスリープに移行させ、2分待ってから復帰させる
  • ケーブルを抜き挿しする
  • システム環境設定の「ディスプレイ」から擬似解像度・解像度を変更する

色空間がYUVになる

これはApple Silicon Macに限ったことではないが一部のモニター・テレビに接続した際に色空間がRGBではなくYUVになってしまう場合がある。

なお、EIZOはM1 Macでは接続ポートに関わらずYUVリミテッドレンジになってしまうという問題を報告しており、専用のサポートページが存在する。

参考 Apple M1チップ搭載MacとEIZOモニターの互換性EIZO

また、冒頭でも書いた通りDellのモニターで特にこの問題が多く報告されている。

もしIntel Macを持っているなら下記記事を参考にカスタムEDIDを作り、Apple Silicon MacのmacOSに移植すればRGBを強制できるが成功しないという報告も多くあるため、確実な対処法ではない。

Macで強制的にRGBでモニターやテレビを接続する方法
強制的にRGBでモニターを接続している状態のディスプレイ設定画面

これはApple Siliconの問題でもあるが、Intel Macでも発生する場合がありmacOSに長年付きまとう根深い問題と言える。

HDRモニターでHDR有効時に色が乱れる・色数が減少する

BenQ(EW3280U)及びLG(27UK650-W)のHDRモニターをApple Silicon Macに接続してHDRをmacOSからオンにすると色がおかしくなる・色数が減少するという問題を確認している。

画像ではわかりにくいが文字などのアンチエイリアスが適用される部分の色が特におかしくなっており、恐らくクロマサブサンプリングのような圧縮、制限、もしくは帯域不足が発生している(YUVリミテッドレンジによる影響の可能性もあり)。

これはMac mini 2018(Blackmagic eGPU)では発生しないため、Apple Silicon Mac特有の現象であるが現時点において対処法は発見できていない。

モニターに前述の項目で解説したDisplayPortなどのバージョンを変更する設定があればいいのだが、そのような設定がない場合は打つ手がない。

モニターの色が反転する・モニターが暗転する・画面に余白が生じる

前述で挙げた項目以外にも再現性がない細かなトラブルとしてスリープ復帰時に色が反転したり、画面の中に余白(解像度とモニターの表示が一致しない)、モニターが一瞬だけ暗転する、あるいは入力を切り替えた際にモニターを認識しなくなったりといったことを経験している。

残念ながらモニターの色が一時的に反転したり、解像度とモニターの表示範囲との不一致、モニターが暗転する現象は複数のモニターや様々な接続方式・ケーブル、アダプタを試しても稀に発生するため、こうした再現性がないトラブルは現時点ではこれといった対処法がなく、macOS Big Surのアップデートを待つしかないかもしれない。

なお、スリープ時の復帰でモニターがおかしくなる場合は下記コマンドをターミナルで実行し、スリープの「スタンバイ」を無効にすれば改善する可能性はある(管理人は下記コマンドを実行して常にスタンバイをオフにしている)。

sudo pmset -a standby 0

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキー。

注意点としてスタンバイを無効にするとスリープ中も画面は消灯するがMacが深いスリープに入らず、電力消費が上がる場合がある。

管理人が使用したケーブル一覧

管理人が使用したケーブル・アダプタは下記の通り。

テストした限り下記のケーブル・アダプタいずれにおいても何らかの問題が発生するため、Apple Silicon Macの外部モニター関連の問題の大半はケーブルの質はほぼ関係がないと言ってよいかと思う。

  • Apple純正USB-C Digital AV Multiportアダプタ(モデル2119)
  • miyoshi USB-CDP2/BK(USB-C>DisplayPort)
  • j5 create JCA414(USB-C>DisplayPort)
  • j5 create JCC153G(USB-C>HDMI)
  • ELCOM DH-HDP14E10BK(HDMI>HDMI)
  • Buffalo BSHDPN10BK (HDMI>HDMI)

まとめ

M1 Macのパフォーマンスは素晴らしいのだが、特に外部モニター関連でトラブルが非常に多く、一時期は返品しようと思ったほどだ。

現時点でM1 Macは言うならば「ベータ1.0」のような状態のため、特に外部モニターが必須であるM1 Mac miniを購入する場合はモニター関連のトラブルが発生することを前提に考えてほしい。

もしM1 Mac miniの購入、あるいはM1 Mac miniで使用するモニターの購入を考えている場合は前述したようにMacRumorsに掲載されている互換性表をチェックし、十分熟考してから決断して頂きたい。

特にBenQ製の4Kモニターはトラブルが非常に多いため、少なくともM1 Mac miniを使用する上ではBenQ製の4Kモニターは個人的にお勧めできない。