Apple Silicon Mac最適化済みアプリチェック方法とiOSアプリダウンロード方法のまとめ

Apple Silicon Macにおいて各アプリがApple Silicon Macに最適化(ユニバーサルアプリ化)されているのか、それとも最適化されておらずRosetta 2による変換(エミュレーション)により動作しているのかをチェックする方法とiPhone・iPadのアプリをApple Silicon Macにダウンロードする方法のまとめ。

なお、Rosetta 2による動作であってもよほどヘビーなプロ向けアプリやベンチマークアプリなどでない限りパフォーマンス低下をユーザーが意識することはまずない。

Apple Silicon Mac最適化済みアプリのチェック方法一覧

「Is Apple silicon ready?」というサイトで調べる

有名なサイトなのでご存知の方も多いと思うが「Is Apple silicon ready?」というサイトでは各macOSアプリのApple Silicon Mac対応状況をチェック可能であり、情報も逐一更新される他、日本語にも対応している。

日本製アプリやマイナーなものを除いて膨大な数のアプリのApple Silicon Mac対応状況をチェックできるため重宝するはず。

下記は一例ではあるが対応状況の見方。

Apple Silicon Macに完全対応
Apple Silicon Macには最適化されていないがRosetta 2による動作は問題ない
Apple Silicon Macに最適化されておらず、Rosetta 2による動作は可能だが注意点が存在する
非対応であり、Apple Silicon Macでは動作不可

「情報を見る」で調べる

当該アプリを右クリックして「情報を見る」をクリックしてアプリの情報を調べればApple Silicon Macに最適化されているのかチェック可能だ。

「種類」が「アプリケーション(Universal)」となっていればApple Silicon Macに最適化済み、「Intel」となっていた場合は最適化されておらずRosetta 2により動作している。

ユニバーサルアプリとは?
ユニバーサルアプリ(Universal App)とはIntel用・Apple Silicon Mac用の両方のバージョンが含まれている文字通りユニバーサルなアプリのこと。
macOS Big Surでは動作しているMacがIntel MacなのかApple Silicon Macなのかを自動判別してユニバーサルアプリにおいて最適なバージョンをインストールする。
iPhone・iPadアプリの場合の表示

iPhone・iPadのアプリの場合は「Appleシリコン」という表示になる。

アクティビティモニタで調べる

macOSに最初から存在する「アクティビティモニタ」で現在実行中のプロセスやアプリの対応状況をチェック可能だ。

アクティビティモニタを起動したら「CPU」のタブの「アーキテクチャ」の項目をチェックしてみよう。

「Apple」となっていればそのアプリはApple Silicon Macに最適化済み、「Intel」となっていた場合は最適化されておらずRosetta 2により動作している。

なお、この「アーキテクチャ」という項目はIntel Macのアクティビティモニタには存在しない。

iPhone・iPadアプリの場合の表示

アクティビティモニタではiPhone・iPadのアプリであっても他のApple Silicon Mac向けアプリと同じく「Apple」という表示に統一される。

システムレポートで調べる

「システムレポート」の項目では現在起動しているかどうかに関わらず、そのMacに存在する全てのアプリの対応状況をチェック可能だ。

システムレポートをチェックするにはメニューバーのAppleマークから「このMacについて」をクリックし、上記ウィンドウの「システムレポート」をクリック。

システムレポートが開いたら左サイドバーの「アプリケーション」をクリックしてアプリの一覧を表示させ「種類」の項目を見てみよう。

「Universal」となっていればそのアプリはApple Silicon Macに最適化済み、「Intel」となっていた場合は最適化されておらずRosetta 2により動作する。

なお、この項目はIntel Macでもチェック可能だ。

iPhone・iPadアプリの場合の表示

iPhone・iPadのアプリをインストールしている場合はシステムレポートではそれらのアプリは「iOS」と表示される。

Silicon Infoアプリで調べる

「Silicon Info」という無料アプリを使用すると現在アクティブのアプリがApple Silicon Macに最適化さているのかをメニューバーのアイコンから簡単にチェック可能だ。

メニューバーのアイコンに小さな点が表示され、「arm64・Apple Silicon」と表示されていればApple Silicon Macに最適化されている。

メニューバーのアイコンに点がなく、「x86-64・Intel 64-bit」となっていた場合は最適化されておらずRosetta 2により動作している。

このアプリはIntel Macでも利用可能だがIntel Macでは当然だが全てのアプリが「Intel」という表示になるため意味はない。

iPhone・iPadアプリの場合の表示

iPhone・iPadのアプリの場合の表示も「arm64・Apple Silicon」。

Apple Silicon MacでiOS・iPadOSのアプリをダウンロードする方法

Apple Silicon MacではiPhone・iPadのアプリをダウンロード・インストールすることも可能だが正常な動作は保証されない。

また、デベロッパーはiPhone・iPadのアプリをApple Silicon Mac向けに提供しない(オプトアウトする)選択が可能なため、アプリによってはデベロッパーの意向によりApple Silicon Mac向けには公開されておらず、希望のアプリがダウンロードできない場合がある。

なお、Mac App Store以外の特殊なアプリを用いてiPhone・iPadのアプリをダウンロード(サイドローディング)する方法もあるが、規約に違反するため本記事では正規の方法のみを扱う。

Apple Silicon Macでダウンロード可能なiPhone・iPadアプリを検索する方法

Apple Silicon Mac向けに公開されているiPhone・iPadアプリを検索するにはまずMac App Storeを開く。

続いて検索フィールドにダウンロードしたいアプリ名を入力して検索しよう。

検索結果が表示されたら「iPhoneおよびiPad App」をクリックするとApple Silicon Mac向けに公開されているiPhone・iPadアプリが表示されるので希望のアプリをダウンロードしよう。

もしiPhone・iPadのApp Storeでは表示されるのにMac App Storeの検索結果に希望のアプリが表示されない場合は前述の通りデベロッパーの意向によりApple Silicon Mac向けには公開されていないことを意味する。

過去にiPhone・iPadにダウンロードしたアプリをApple Silicon Macにダウンロードする方法

過去にiPhone・iPadにダウンロードしたアプリをApple Silicon Macにダウンロードしたい場合はまずMac App Storeを開く。

左下の自分のアカウントをクリック。

「iPhoneおよびiPad App」の項目をクリック。

今までiPhoneやiPadでダウンロードしたアプリ一覧が表示されるのでクラウドアイコンをクリックしてダウンロードしよう。

なお、こちらも過去にiPhone・iPadでダウンロードした全てのアプリが表示されるわけではなく、デベロッパーがオプトアウトさせたアプリは表示されない。

まとめ

現在Apple Silicon Macでは「Intel」・「Apple Silicon Mac向け(ユニバーサルアプリ)」・「iOS・iPadOSアプリ」の3種類を実行可能な状態だが、IntelやApple Silicon Mac向けはともかくとしてiPhoneやiPadのアプリまでダウンロード・実行可能であるため、今後これらのアプリの棲み分けをどうするのか少々気になっている。

いくらAppleやデベロッパーがApple Silicon Macで一部のiPhone・iPadのアプリの実行を望まなかったとしてもMacには多様なツールが存在し、様々な方法でiPhoneやiPadアプリをダウンロードできてしまうという問題をどうするのかが今後の課題のようにも思う。