macOSのApple Newsアプリを日本のMacで使用する方法

macOS Mojave以降ではiOS・iPadOSで以前から提供されていた「Apple News(News)」アプリのMac版が追加されたが、iOS・iPadOSと同じく、通常の方法では少なくともNewsアプリは日本では利用できない。

ここではmacOS CatalinaでNewsアプリを使用可能にする方法を紹介する。

なお、先に断っておくと言語は英語でしか利用できず、またiOS・iPadOSのようなウィジェットもなく、更に言えばいくつかの機能は日本IPアドレスは弾かれるため、Newsアプリの全ての機能が利用できるわけではない。

ちなみにこの方法はmacOS Catalina環境で知ったのだが、macOS Mojaveでも有効な方法なのかは不明なためご容赦願いたい。

日本のMacでNewsアプリを利用する手順

隠しファイルを表示してNewsアプリを確認する

まずアプリケーションフォルダを開いてCommand+Shift+.(ドット)を同時押しして隠しファイルを表示させよう。

日本では利用できないNewsアプリだが、実は密かにアプリケーションフォルダに上記画像のように隠しファイルとしてインストールされている。

Newsアプリが存在することを確認したら次の手順に移ろう。

Newsアプリのシンボリックリンクを作る

隠しファイルのままでもNewsアプリを開けば起動自体は可能だが、いつも隠しファイルを表示させる設定にしておくのは困るため、ターミナルで下記コマンドを実行してNewsアプリのシンボリックリンクを作ろう。

ln -s /System/Applications/News.app /Applications

このコマンドによりアプリケーションフォルダにNewsアプリのシンボリックリンクが作成される。

あとはアプリケーションフォルダに作ったこのシンボリックリンクをクリックすればいつでもNewsアプリを起動可能だ。

あるいはDockにNewsアプリを固定してしまってもいい。

使用してみた印象

言語は英語とフランス語のみ

早速Newsアプリを起動してみたが、言語は当然の如く英語だ。

更にシステム環境設定から言語を変更しようとしても「フランス語(カナダ)」「英語(オーストラリア)」「英語(英国)」にしか変更できない。

TodayとSuggested by Siriのみ閲覧可

また、ニュースの内容も「Today(今日のニュース)」と「Suggested by Siri(Siriによる提案)」のニュースは閲覧可能だが、それ以外はエラーが出て利用できない。

例えば「Election 2020(アメリカ大統領選挙2020)」「COVID-19(新型コロナウイルス)」「News Top Stories(トップストーリー)」「Apple News Spotlight(注目記事)」などは「This channel isn't currently available in your region」とエラーが出て閲覧はできない。

メディアの追加やサブスクリクションも不可

また、「Discover(ニュースメディアの追加)」や「サブスクリプション(購読)」機能も同様にエラーが出て利用できない。

閲覧不可のエラーは位置情報は関係ない

なお、Newsアプリ起動時に上記ダイアログが出て位置情報を利用するかどうか聞かれるが、位置情報をオフにしてもエラーが出るため、冒頭でも書いたようにIPアドレスによりフィルタリングしてるのだろう。

通知センターのウィジェットもない

これは日本でのMacによる利用とは関係ないと思われるが、日本のiOS・iPadOSでもNewsアプリはウィジェットならば存在するのに対してMac版のNewsアプリには少なくとも通知センターのウィジェットはない。

まとめ Apple関連などのニュースに興味があるなら利用価値あり?

通常とは違った方法で無理やりNewsアプリを起動しているため色々と制限があるが、個人的には英語に抵抗がないのであればApple関連のニュースなどは「Apple」の項目でいち早く閲覧可能であるし、気に入ったトピックをフォローすることも可能なため「Today」及び「Suggested by Siri」のニュースを閲覧するなら利用する価値はあるのではないかと思う。