MacでAirDropをDockに追加する方法

本記事ではApple製デバイスのファイルの共有・送信機能である「AirDrop」へのショートカットをMacのDockに追加する方法を解説する。

なお、通常AirDropの起動はFinderがアクティブの状態の時にCommand+Shift+Rキーを押すか、サイドバーの「AirDrop」で可能だが、Finder以外の他アプリケーションを利用中にサッとAirDorpを利用したい場合はショートカットを作っておくと楽だ。

AirDropをDockに追加する手順

1. AirDropアプリケーションのフォルダへ移動する

AirDropはアプリケーションの一種であり、「アプリケーションフォルダ」ではなく下記のFinderのパッケージフォルダに存在する。

/System/Library/CoreServices/Finder.app/Contents/Applications/

まずはFinderを起動してCommand+Shift+Gキーを押して「フォルダへ移動」ウィンドウを表示させて上記のパス(Path)を入力して「移動」をクリックしよう。

2. AirDropアプリケーションをDockにドラッグする

移動するとAirDropアプリケーションがあるはずなので、あとはこれをDockにドラッグすればOKだ。

これでAirDropを使用したい時はDockから今回追加したAirDropへのショートカットを起動すれば簡単にファイルの送信や共有が可能だ。

なお、先ほどのフォルダにはAirDrop以外にも「ネットワーク」や「コンピュータ」「最近使った項目」、「iCloud Drive」なども存在するため、同様にDockへドラッグすればそれらのショートカットを作ることも可能だ。

まとめ

僕は複数のMacで互いにiCloud経由でファイルを共有しているが、ある程度大きいサイズのファイルを互いのMacでやり取りする場合はAirDropを使用した方が効率がよいため、本記事の方法は特にファイルの共有をMacを母艦として複数のApple製デバイスでやり取りする場合に便利だろう。