MacでAdobe CCを削除したらジャンクファイルも消そう

先日PhotoshopとLightroomからAffinity Photo及びAffinity Designerへ乗り換え、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)を付属のアンインストーラーで削除したが、Adobe CC関連ファイルやサービスは付属アンインストーラーだけでは削除できず残存化する。

ここではAdobe CCアンインストール後のジャンクファイル・サービスを削除する方法をまとめる。

Adobe CCの付属アンインストーラーは不十分

僕も含めてAdobe CCをアンインストールする人はAdobe CC付属のアンインストーラーで行うことが多いと思うが、実際にはこのアンインストーラーだけでは関連ファイルは削除できず、launchd(macOSのプロセスやサービスの自動起動を行うシステム)にもAdobe CC関連サービスや多数のAdobe関連ファイルが残ってしまう。

AdobeアプリケーションやAdobe CCを既に使っていないのに裏では勝手にバックグラウンドでサービスが起動している場合もあるため、Adobe CCを付属のアンインストーラーで削除した後は関連ファイルやサービスの削除をすることをお勧めする。

Adobe CCジャンクファイル削除方法

Adobe Creative Cloud Cleanerツールで関連ファイルを削除

Adobeは「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool」というアプリケーションを提供しているため、まずはこのアプリで関連ファイルを削除しよう。

まず下記Adobeのページに飛ぶ。

「AdobeCleativeCloudCleanerTool.dmg」をクリックしてダウンロード。

dmgファイルを開いて「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.app」を起動。

「開く」をクリック。

管理者パスワードを入力して「OK」をクリック。

「同意する」をクリック。

上記画像は既に大半のAdobe関連ファイルを削除した後であるため項目が少ないが、Adobe CCをアンインストールした直後なら多数のAdobe関連ファイルがあるはずなので「すべて消去」をクリック。

消去したらAdobe Creative Cloud Cleaner Tool.appはゴミ箱などで削除する。

ホームディレクトリの隠しフォルダを削除

Adobe Cleative Cloud Cleaner Toolだけでは全ての関連ファイルやサービスを削除できないため、続いてホームディレクトリ(ユーザーディレクトリ)を開いてCommand+Shift+.(ドット)キーを押して隠しファイルを表示させる。

.adobeという隠しフォルダがあるのならゴミ箱に入れて削除する。

ターミナルでサービスの削除

更に下記のターミナルコマンドを実行してサービスを「launchd」から削除する。

なお、通常は「Adobe_Genuine_Software_Integrity_Service」の削除だけでいいが、下記では考えられる全てのAdobe関連サービスを列挙している。

仮に存在しないサービスの削除コマンドを実行しても問題はない。

ユーザー権限サービス

launchctl remove com.adobe.acc.AdobeDesktopService.2252.965FE800-C621-41D6-898D-821201FB2F8A
launchctl remove com.adobe.AdobeCreativeCloud
launchctl remove com.adobe.GC.Scheduler-1.0
launchctl remove com.adobe.CCXProcess.7436
launchctl remove com.adobe.accmac.7440

root権限のサービス

sudo launchctl remove com.adobe.adobeupdatedaemon
sudo launchctl remove Adobe_Genuine_Software_Integrity_Service
sudo launchctl remove com.adobe.fpsaud
sudo launchctl remove /Library/LaunchAgents/com.adobe.GC.Invoker-1.0.plist

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキー。

ジャンクファイル・フォルダ・キャッシュの削除

最後に下記のコマンドをターミナルで実行してAdobe関連ファイルを全て削除する。

sudo rm -rf /Applications/Adobe* /Applications/Utilities/Adobe* /Library/Application Support/Adobe /Library/Preferences/com.adobe.* /Library/PrivilegedHelperTools/com.adobe.* /private/var/db/receipts/com.adobe.* ~/Library/Application Support/Adobe* ~/Library/Application Support/com.apple.sharedfilelist/com.apple.LSSharedFileList.ApplicationRecentDocuments/com.adobe* ~/Library/Application Support/CrashReporter/Adobe* ~/Library/Caches/Adobe ~/Library/Caches/com.Adobe.* ~/Library/Caches/com.adobe.* ~/Library/Cookies/com.adobe.* ~/Library/Logs/Adobe* ~/Library/PhotoshopCrashes ~/Library/Preferences/Adobe* ~/Library/Preferences/com.adobe.* ~/Library/Preferences/Macromedia* ~/Library/Saved Application State/com.adobe.*

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキー。

コマンドを実行したらMacを再起動して完了。

まとめ

Adobe CCを使用していると思いの外、様々な場所に関連サービスや関連ファイルが残存化していて驚いてしまう。

前述のように付属のアンインストーラーでは不十分のため、Adobe CCをアンインストールする際はAppCleanerなどの無料アプリで関連ファイルを根こそぎ削除した方が効率的かもしれない。

なお、AppCleanerでAdobe CCを削除しても関連ファイルが残る可能性は否定できないため、AppCleanerで削除後も上記ターミナルコマンドを実行した方がいいだろう。