フォルダアイコンにWindows風のサムネイルを表示する無料アプリ「Add Folder Icons」

Windowsのようにフォルダアイコンにそのフォルダの中身のサムネイル(プレビュー)を表示する無料アプリ「Add Folder Icons」を紹介する。

動作確認はmacOS Catalina 10.15.7及びmacOS Big Sur Beta 9で行った。

Add Folder Iconsの使い方

1. Add Folder Iconsをダウンロード

まずMac App Storeで「Add Folder Icons」をダウンロードしよう。

2. ウェルカムスクリーンを非表示にする

起動すると上記画面が表示されるので左下の「Show this window when Add Folder Icons starts」のチェックを外して「Close」をクリック。

3. サムネイルを表示したいフォルダを追加

上記画面が表示されるのでサムネイルを表示したいフォルダをウィンドウ内にドラッグアンドドロップするか「+」ボタンをクリックして追加し、「Add Icons」ボタンをクリック。

するとフォルダアイコンが上記画像のようにフォルダアイコンの中身をプレビューした物に置き換わる。

また、このアイコン表示は本アプリが起動している必要はなく、一度「Add Icons」ボタンをクリックしてサムネイル表示を有効にしたのなら効果は永続する。

現在のmacOSでは「Classic thumbnails」以外のアイコンスタイルは変化が現れない

なお、「Add Folder Icons」のメイン画面の左下にある歯車マークをクリックするとサムネイルのスタイルを変更できるがmacOS Catalina 10.15.7及びmacOS Big Sur Beta 9では「Classic thumbnails」以外は選択しても変化が現れない。

なお、フォルダの中のフォルダ(サブフォルダー)もサムネイルに含めたい場合は「Add Sub-Folders Too」をクリックしておこう。

4. 元に戻す場合

アイコンのサムネイル表示を元のmacOSデフォルトの表示に戻すには戻したいフォルダをAdd Folder Iconsのメイン画面にドラッグアンドドロップして「Remove icons」をクリックしよう。

このアプリの欠点

このアプリの欠点としてフォルダアイコンのサムネイル表示はフォルダの中身が変わっても自動でリフレッシュ(更新)されないため、サムネイル表示が古くなった場合は再度Add Folder Iconsを起動してフォルダを追加し「Add Icons」のボタンをクリックする必要があることだ。

とはいえフォルダ内の画像をサムネイル表示できるだけでも大したものであるし、アイコンが自動リフレッシュされないというのは大きな問題ではないだろう。

まとめ

macOSにはデフォルトでフォルダの中身をサムネイル表示する機能がなく、特にWindowsから移行してきたユーザーは戸惑うことがあるため、フォルダアイコンにそのフォルダが内包するアイコンのサムネイルを表示したい場合は本アプリを利用してみよう。