macOS Catalinaで4K HDR映画を観るには?4K HDRモニターで試してみた

macOS Catalinaでは4K HDRをサポートすることがアナウンスされていたが、macOS Catalinaリリース当初はiMac ProやPro Display XDR以外では4K HDRコンテンツは鑑賞できず、外部4K HDRモニターなどを接続しても4K HDRが有効にできないという問題が存在した。

しかし2020年3月25日(日本時間)にリリースされたmacOS Catalina 10.15.4からはモニターとMacのハードウェアがHDRをサポートしていれば新たにディスプレイの設定に「ハイダイナミックレンジ」という設定が追加され、一般的な4K HDRモニターでも4K HDRコンテンツを鑑賞することが可能になっている。

本記事ではmacOS Catalinaで4K HDRコンテンツを鑑賞する際の条件や設定、実際に4K HDRコンテンツをTVアプリで鑑賞した所感をまとめる。

なお、macOS Catalina 10.15.4ではSafariによるNetflixコンテンツのHDR再生にも対応したが管理人はNetflixを契約していないため、未確認な点はご容赦願いたい。

macOS CatalinaでTVアプリの4K HDR映画を試す

AppleのmacOS Catalinaにおける4K HDRの条件

まず最初にmacOS Catalinaで4K HDRコンテンツ(またはHDRコンテンツ)を鑑賞する条件をまとめよう。

Appleのサポート情報及びmacOS Catalina 10.15.4を利用した管理人の経験を基にすると4K HDRコンテンツやHDRコンテンツを鑑賞するには以下のMacやディスプレイが必要である。

  • iMac Pro 2017の内蔵ディスプレイ(macOS Catalina以降)
  • Pro Display XDRを接続したMac Pro及びPro Display XDRを接続した2018年以降のMacBook Pro 15/16インチ(macOS Catalina以降)
  • Blackmagi eGPUとPro Display XDRを接続した全てのMac(macOS Catalina以降)
  • MacBook Pro 2018以降の内蔵ディスプレイ(macOS Catalina以降)
  • 4K HDR対応モニターを互換性のあるケーブル・端子で接続したMac(macOS Catalina 10.15.4以降)
画像出典 Apple

なお、MacBook Proは2018年以降のモデルであれば内蔵ディスプレイでのHDR再生に対応しているが「ハイダイナミックレンジ」などのオプションは表示されず、このオプションはあくまで外部4K HDRモニターを接続した時のみ表示される。

また、USB-C Digital AV MultiportアダプタをMacBook Pro Mid 2019に接続し、アダプタのHDMI 2.0端子経由で4K HDRモニターに接続したところ「ハイダイナミックレンジ」のオプションが表示されなかった。

USB-C Digital AV Multiportアダプタでは「ハイダイナミックレンジ」のオプションが表示されない

現在のところ「ハイダイナミックレンジ」というオプションが表示されるのはHDMIかDisplayPortで直接接続した場合のみである。

管理人の環境

今回TVアプリで4K HDR映画の再生を試した環境は以下の通り。

  • Mac mini 2018+Blackmagic eGPU(外付けグラフィックスボード)
  • Blackmagic eGPUのThunderbolt 3端子からUSB-C>DisplayPort変換ケーブルで4K HDRモニター(LG 27UK650-W)に接続
  • macOS Catalina 10.15.4
  • 擬似解像度は3008x1692

なお、使用しているUSB-C>DisplayPort変換ケーブルはDisplayPort 1.2規格のケーブルであり、モニターのDisplayPortも1.2であるが、DisplayPort 1.2はHDRの伝送に対応していないにも関わらずmacOS Catalina 10.15.4をインストールした環境ではHDRが自動で有効になっていた。

本来DisplayPortは1.4からHDRに対応したので1.2はHDRは出力できないはずだが、どうもLGの4K HDRモニターは特殊な仕様のようでDisplayPort 1.2であってもHDR信号が伝送可能なようだ。

これについて海外のコミュニティでは「LGの4K HDRモニターはソフトウェア処理に対応している」、「DisplayPort 1.2と謳っているが実際のところ内部の実装はDisplayPort 1.4である」という様々な憶測がある。

CHECK

とはいえ、互換性を考えるとHDMI 2.0端子に接続した方がいいだろう。

ディスプレイの設定で「ハイダナミックレンジ」をオンにしよう

冒頭で書いた通りmacOS Catalina 10.15.4からはシステム環境設定の「ディスプレイ」の項目にモニターがHDRに対応していれば「ハイダイナミックレンジ」というオプションが追加される。

この設定はデフォルトでオンになっていると思うが念のためHDRコンテンツを見るならこの設定を確認しておこう。

HDRを有効にした状態のmacOSの画面の見え方

HDRがオンの状態の場合、4K HDRモニターなどがHDRモードに移行するがmacOSの画面を見てみると様々なアイコンやUIが異常に色鮮やかになって通常の見た目とは大きく異なる。

正直Photoshopや写真・動画編集をする場合は色再現性に難があるため、何らかの作業をする時はHDRをオフにし、HDRコンテンツを視聴するときだけHDRを有効にする方法を取った方がいいだろう。

また、海外コミュニティではHDRを有効にすると画面が青味がかると報告されているが、Apple TV 4KでHDRを有効にした場合も同様に青味がかっているため、これはLGのモニタ側に原因があるように思う。

4K HDR対応映画を用意

4K HDRモニターがあっても4K HDRのコンテンツがなければ始まらないのでまずは4K HDR対応のTVアプリの映画を用意した。

今回テストに使用した映画は「ダンケルク」。

画面のコントラストや明暗がはっきりしており、人物のアップのショットも多いため4K HDRの画質を確認する上でベストな映画だと判断した。

なお、映画が4K対応かどうかはTVアプリの映画の詳細画面を開き画面下部に「4K」という表示があるかで判断できる。

また、HDR・DOLBY VISIONという表示があればHDR 10やDOLBY VISIONにも対応している。

なお「DOLBY VISION」という表示しかない映画もあるが、その場合モニターがDOLBY VISION非対応の場合はHDR 10で再生される。

TVアプリの設定

TVアプリの「環境設定」の「再生タブ」で画質などを設定できるため、4K HDR映画を鑑賞する前にTVアプリの設定も確認しておこう。

今回は上記画像の設定でテストしてみた。

なお4K映画は基本的にストリーミングオンリーであるが、HDRに関しては「利用可能な場合はHDRをダウンロード」にチェックを付けておけばダウンロードした映画であってもHDRで視聴可能だ。

ミュージックアプリの設定は関係ない

なぜかミュージックアプリの環境設定にもビデオの再生オプションがあり、ここでは画質を4Kまで選べるが、試したところミュージックアプリの設定はTVアプリでの映画の画質に影響しない。

ミュージックアプリにビデオの再生オプションがあることについて最初は何かの間違いかと思ったがこれはミュージックビデオ用の設定である。

映画を観る上ではミュージックアプリのビデオの設定は無視していい。

早速4K HDR映画をTVアプリで再生

早速4K HDR映画をTVアプリで再生してみるが本題に入る前に注意点がある。

これはApple TV 4Kでも他社の見放題サービスでもそうなのだが、前述の通り4Kや4K HDRコンテンツはストリーミングのみでの対応となる。

macOS CatalinaのTVアプリでも4K映画を観るにはTVアプリの「今すぐ観る」のタブ及びライブラリからストリーミングで再生した場合に限られ、ダウンロードした映画は最高フルHD(1080p)までになる。

ただしHDRに関しては前述の通りダウンロードした場合であってもフルHDになってしまうもののHDRで鑑賞が可能だ。

本題の4K HDR映画を見た感想だが、映画の画質はストリーミングだと前述の通り非常に精細な画面で見れる他、HDR画質に関してもコントラストが高すぎるようにも感じるがHDRの効果は確かにある。

ただし、4Kに関してはApple TV 4Kで同じ映画を見た場合と比べて若干ながら画質の精細度が落ちるため、HDRの効果は感じられるが本当に4K画質なのかどうかは判断が難しい。

TVアプリの映画は現在再生しているストリーミング映画の画質を確認する方法がないため4K画質とは断定できない。

とはいえ通常のフルHDと比べると精細度は上であるし、HDRの効果も確かにあるため、macOS Catalinaのリリースから半年近く経ってようやくmacOSでも外部4K HDRモニターを接続すれば4K HDRコンテンツが楽しめる環境を構築できるようになったと言っていいだろう。

まとめ

macOS Catalinaのリリースから半年近く経って10.15.4でようやく外部4K HDRモニターで4K HDRコンテンツを鑑賞できるようになったが、前述の通り通常のmacOSの画面もHDRによる効果で色味がおかしくなるため何らかの作業をする際はHDRをオフにしよう。