画面・電源がつかないiPhoneを安全にApple IDから削除する

この緑色の点滅を繰り返した後、最終的に画面が沈黙し一切点灯しなくなった

以前に画面が点滅するトラブルを起こし、DFUモードで初期化して復活したiPhone X(AppleCare+保証期間終了)に再び同様の症状が発生し、今度は完全に画面が沈黙(iPhoneの機能自体は生きている)したため、Apple IDから削除及びiPhoneのデータ消去を行った。

ディスプレイに異常があるiPhone XをDFUモードで復元させてみた

本記事では「操作・画面確認不能なiPhone」を安全に初期化し、Apple ID及びiCloudから削除する方法をまとめる。

画像出典 Apple

修理を依頼する場合においてもAppleは当該デバイスの初期化が必要としている他、Appleへリサイクルに出す、あるいは単純に処分する場合にも初期化やApple IDからのデバイスの削除は必須だ。

非正規業者へ修理に出す場合は初期化は必要ない場合もあるが、プライバシー・セキュリティの観点から初期化しておいた方がいいだろう。

Apple Watchとペアリングしていた場合

本題に入る前に、もし壊れたiPhoneにApple Watchをペアリングしていた場合、通常はiPhoneを初期化する前にあらかじめApple Watchとのペアリングを解除する必要があるが、iPhoneの画面や電源がつかない場合はペアリングの解除ができるはずもない。

画像出典 Apple

この場合はApple Watchを消去(リセット)して新しいiPhone(あるいは別のiPhone)にペアリングし直すしか方法はなく、これはApple Watchの弱点と言える。

Apple WatchのバックアップはペアリングしているiPhoneによってiCloudやMac/PCのストレージに行われるため、ペアリングしているiPhoneのバックアップをしていなければApple WatchのリセットによりApple Watchの情報は失われる。

参考 Apple Watch をバックアップするApple

ちなみにペアリングした状態のiPhoneを初期化した時の挙動としてはApple Watch側にデータは残るが僕の環境ではWi-Fi環境下であってもネット接続を必要とするサービスに一切Apple Watch側でアクセスできなくなった。

画面・電源がつかないiPhoneを安全にApple IDから削除する手順

ここからは本題の画面・電源がつかないiPhoneを安全にApple IDから削除する方法をまとめる。

画面が点灯可能なiPhoneであればトラブルが起きても「iPhoneを探す」をオフにしてApple IDからサインアウトしてデバイスの初期化を実行すればいいが、画面・電源がつかない状態のiPhoneでは操作不能なため、紛失した際の手順を実行する必要がある。

「探す」「iCloud.com」からデバイスを消去する

まずMac・iPadを持っている、あるいはiPhoneを複数台持っているならそれらのデバイスから「探す」を起動、WindowsであればブラウザからiCloudにアクセスする。

地図上から問題が起きているiPhoneをクリックして「このデバイスを消去」をクリック。

「続ける」をクリック。

「紛失した人向けの電話番号やメッセージ」などを入力する画面が出るが、今回の場合、紛失ではなく画面がつかない状態であるため、画面右上の「次へ」をクリックしてスキップ。

すると「探す」アプリ上で当該デバイスが「消去を保留中」という表示になるので「このデバイスを削除」をクリックして完全に削除する。

これによりこのiPhoneは上記警告画面にもある通り別の人間が使用可能な状態(つまり僕のApple IDへの紐付けが解除されている状態)になる。

万全を期す場合パスワードを変更

前述の手順でApple IDと壊れたiPhoneの紐付けは解除されるはずだが、万全を期すならApple IDのパスワードも変更しよう。

MacやApple製デバイスでApple IDの項目から「パスワードを変更」をクリックして新たなパスワードを考えるか、覚えやすさを重視するなら既存のパスワードから1文字だけ変更する(あるいは1文字だけ大文字/小文字にする)。

なお1年以内に使用したパスワードには変更できない。

パスワードの変更を実行したデバイス以外の他のApple製デバイスからも自動でサインアウトするかどうか聞かれるが「サインアウト」を選ぼう。

この作業により仮に先ほどの手順でApple IDからの紐付けの解除が上手く行われていなかったとしても壊れたiPhoneを含む全てのApple製デバイスはApple IDから強制サインアウトされる。

なお、「サインアウト」をすると他のデバイスで今回変更したApple IDのパスワードを入力し、2ファクタ認証で認証するという作業をデバイスごとに行わなければならない点に注意。

他のApple製デバイスやMacでApple ID設定をアップデートする

Apple IDを変更して「サインアウト」を行うと、パスワードの変更を実行したデバイス以外の全てのApple製デバイスがApple IDからサインアウトされるため、他のMacやiPadなどで変更後のApple IDパスワードを入力したあと、2ファクタ認証を行って再度サインインする。

2ファクタ認証を行った後「Apple ID設定をアップデート」という表示が出た場合は「続ける」をクリックしてApple ID、更にMacであれば管理者パスワード、iPadや別のiPhoneなどを持っている場合はそのデバイスのパスコードを入力して認証する。

なお、macOS CatalinaにおいてはiMessageのみApple IDへのサインインが正常に行われずエラーが出ることがあるが、その場合はそのMacを再起動して改めてサインインしてみよう。

無事に他のデバイスがApple ID及びiCloudにサインイン出来たら成功だ。

残存化したデバイスを削除

前述までの手順を行なっても場合によってはApple IDに接続しているデバイス一覧に下記のようにそのデバイスが残存する場合がある

上記画面の例ではデバイスの削除やApple IDのパスワードの変更をしたにもかかわらず、依然としてデバイスが一覧に表示されてしまっている。

この場合、残存しているデバイスを選択し「アカウントから削除」を実行する。

なお、どちらにせよ壊れたiPhoneをApple IDから削除すれば壊れたiPhone内のApple Payの情報(Suicaなど)はクラウドに保存されるが、ここでApple Payのカードを削除してしまってもいい。

「アカウントから削除」をクリックして上記画像のようにリストから壊れたiPhoneが削除されたら一連の作業は完了だ。

壊れたiPhoneはどうするべきか

AppleCare+やキャリアの保証が有効であれば修理に出せば済む話だが、今回壊れたiPhone Xはキャリアでの購入ではなくSIMフリーである上にAppleCare+の保証期間も終了している。

この場合選択肢は下記のようになる。

  • Appleで保証外修理
  • 非正規のショップで修理
  • Appleへリサイクルを依頼する

Appleの修理はAppleCare+の保証期間が既に終了しているため保証外修理になり、画面の修理だけで30,400円かかる。

画像出典 Apple

また、非正規業者のサイトで画面がつかないiPhoneの修理費用を確認したところ、Appleでの修理よりは安いが1〜2万円かかる。

更にこれが画面ではなく、例えばディスプレイのコントローラーが壊れているなど、ロジックボード関連の故障だった場合は更に高額になる可能性もある。

非正規業者への修理が一番出費が少なくて済みそうだが、僕の地域ではiPhoneを修理可能な非正規業者に修理を依頼する場合、数時間かけて都市部に出なければならず、新型コロナウイルスの感染者が急増している状況では可能な限り都市部には行きたくない。

何よりiPhone Xは既に3年近く使っていて飽きてきている。

今のところは予備のiPhone 7を使用して凌いでいるがバッテリーの減りが早いため、iPhone Xは処分し、iPhone 11 ProかSEあたりをAppleオンラインストアで購入しようかと考えている。