iPhone・iPadのパスワードの自動入力がされない場合の対処法

iPhone・iPadなどではSafariに加えてアプリごとのID(メールアドレス)・パスワードをFace ID・Touch IDで認証するだけで自動入力することが可能だ。

しかしアプリやWebサイトによってはこのID・パスワードの自動入力が正常にできない場合がある。

今回はID・パスワードがiPhoneやiPadで正常に自動入力されない時の対処法を紹介する。

ID・パスワードの自動入力ができない時の対処法

通常Face IDやTouch IDで該当するIDをタップすればFace IDやTouch IDの認証画面になり、認証が終わればID・パスワードが自動入力される。

しかし下記の画像のようにアプリやWebサイトによっては正常に自動入力されないことがある。

SONYのプレイステーションアプリの画面。
正常にFace ID認証が完了しているのにIDやパスワードが自動入力されない

まずは自動入力がオンになっているか確認

まずはiPhoneやiPadの設定画面を開いてID・パスワードの自動入力が有効になっているか確認しよう。

自動入力が有効かどうか確認するには設定画面を開き「Face IDとパスコード(またはTouch IDとパスコード)」をタップする。

上記画像の「パスワードの自動入力」が有効になっているか確認し、更に「その他のApp」をタップして個々のアプリでも有効になっているか確認する。

その他のApp画面でも個々のアプリの自動入力がオン(緑)になっているか確認しよう。

なお、上記画面のリストにないアプリでも基本的にはFace IDやTouch IDによるパスワードの自動入力は可能である。

鍵マークをタップすることで自動入力が有効になる場合がある

設定画面でパスワードの自動入力が有効になっているにも関わらず自動入力されない場合、まずはキーボード上部に表示されるアドレスではなく右にある「鍵マーク」をタップする。

鍵マークをタップすると「使用する保存済みパスワードを選択してください」という表示がされるので、この欄から該当するアドレスをタップすると管理人の環境では正常にID・パスワードが自動入力される。

ID・パスワードが自動入力されるまでにはタイムラグが生じる場合があるので、上記の方法ですぐにID・パスワードが自動入力されない場合は入力欄を指でタップすることで入力される。

管理人の場合はこれで正常にID・パスワードが自動入力された。

iCloudキーチェーンをオンオフしてみる

それでも有効にならない場合、一度iCloudキーチェーンをオフにしてみよう。

まずiPhoneの「設定」を開いて自分のApple IDをクリックしてApple IDの設定画面を表示させる。

上記画面が出たら「iCloud」をタップ。

「キーチェーン」をタップ。

iCloudキーチェーンをタップして一度オフにする。

続いて再度オンにして改めて自動入力が行われるか確認する。

特定のアプリやWebサイトで発生するならサイト側の問題の可能性あり

もし特定のアプリやWebサイトでのみ自動入力がされない場合はそのアプリやWebサイト側に問題がある可能性があるため、その場合はアプリやWebサイトの開発者・管理人が対応(アップデート)するのを待つ必要があるかもしれない。

まとめ

ID・パスワードがキーボード上部のアドレス・IDタップでは自動入力されない問題は恐らくiOS・iPadOSのバグ、もしくはアプリによる対応が十分ではないことが原因だと思われる。

とりあえず「ID・パスワードが自動入力されない場合はキーボード上部のアドレスではなく鍵マークからアドレス(ID)をタップする」ということを覚えておき、それでも自動入力されない場合はアプリやWebサイト側に問題が発生している可能性が高いと思ってよいかと思う。