iPadでYouTubeやWebサイトの動画をピクチャインピクチャで再生する方法

iPhoneやiPadではYouTubeアプリはピクチャインピクチャ(PiP)に対応しておらず、また、他のWebサイト上の動画などもPiPでは再生できない。

以前まではiPadでパソコン版のYouTubeを開けばPiPボタンが表示されたので、それでPiP化できていた。

しかし僕が試した限り現在ではパソコン版のYouTubeをiPadで開くと強制的にYouTubeアプリに戻さたり、PiP化できてもYouTube上でしか有効にならない。

今回はiPad上でYouTubeを含むWebサイト上の動画を完全なPiPで再生する方法を紹介する。

なお本記事はiPadに最新版のiPadOS 13をインストールした上での解説となる。

また、今回紹介する方法はiPadOSのショートカットアプリが必須なので、何らかの理由でショートカットアプリをiPadからアンインストールしているなら改めてショーカットアプリをダウンロードしておこう。

iPadでWebサイト上の動画をPiPで再生する手順

PiP Videoスクリプトをインストールして有効化する

まずはこちらのリンクをタップしてPiP Videoというスクリプトをダウンロードしよう。

なお、iPadOS 13では上のリンクをクリックした際に以下のような画面が表示されることがある。

このような画面が開く場合はiPadの設定から「ショートカット」を開き「信頼されていないショートカットを許可」をオンにしよう。

「信頼されていないショートカットを許可」をオンにしたらあらためてこちらのリンクからPiP Videoというスクリプトをダウンロードしよう。

「ショートカットを追加」という画面が出たら下までスクロールして「信頼されていないショートカットを追加」をタップする。

これでピクチャインピクチャ用のスクリプトがiPadに追加された。

PiPのショートカットを実行してPiP化完了

次にSafariを開いて右上の「共有ボタン」をタップして開いたウィンドウを下までスクロールし、YouTube上などのピクチャインピクチャにしたい動画を開いた状態で「PiP Video」という項目をタップしてみよう。

初めてPiP Videoをタップした場合は上記のような画面が出ることがあるが「許可」をタップしよう。

無事に動画がピクチャインピクチャで再生された。

もちろんホーム画面に戻っても再生され続ける。

これらの一連の作業は1回やればOKなので次回からは共有ボタンをタップしてショートカットを実行するだけで動画がPiPで再生される。

HTML 5ビデオならYouTube以外でも使用可能

このショートカットとスクリプトの便利なところはHTML 5ビデオを使用しているサイトならYouTube以外もPiP化できるところだ。

例えば日本テレビの動画ニュースもPiPで再生できる。

全ての動画サイトでPiP化が可能というわけではなく、サイトによっては失敗することもあるがYouTube以外のサイトでもPiP化が可能なのは嬉しいポイントだ。

まとめ

上記の方法はiPadでは有効だがiPhoneではPiPのスクリプトがサポートされていないため利用できない。

ただ、そもそもiPhoneで動画をPiPで再生させるのは画面のサイズ的に無理があるのでそこまで問題でもないだろう。

今回はPiP化のショートカットを作成したが他にもショートカットアプリでは様々なことが出来るので今回のような”裏技”的な使い方をすれば用途は無限大だ。

一度流れを覚えればショートカットアプリの使い方は簡単なので色々と自分で試してみるのも面白いと思う。