左スティックが不調のPS4コントローラーを分解して修理(掃除)する

PS4のコントローラー(Dusalshock 4・DS4)のスティック部分は壊れやすいことで一部で有名であり、僕もこの1年で3台のコントローラーが全く同じ症状で左スティック部分だけ不具合を起こした。

症状としては「FPSゲームなどで左スティックの押し込みで上手く走れない」「左スティックが勝手に上に入力され続ける」といったもの。

このうち「左スティックが勝手に入力される」という症状は壊す覚悟でPS4コントローラーを分解すれば解消は可能である。

いずれも左スティックが不調だった3台のコントローラー

3台のPS4コントローラーを分解してわかったのだが、PS4コントローラーの左スティックの入力の不調は左スティックの過度の使用で削れたプラスチックの粉が内部に落ちて動作不良を起こすことが原因の可能性が高い。

機械的には異常はないため、分解して掃除すれば大抵の場合は改善可能だ。

ただしスティックの押し込み不良についてはスティックの押し込みスイッチの摩耗によるものと思われるため、分解しての掃除だけでは直せず、恐らくメーカー修理か自分でスイッチ部分を交換するしか方法はないだろう。

今回は「左スティックが勝手に入力される」という問題を改善するための掃除方法やPS4コントローラーの分解手順をまとめる。

注意
PS4コントローラーの分解には故障・怪我、その他の不都合が生じる可能性があります。
ここで紹介する方法を試した結果によるいかなる問題も当方では責任を負いかねますので分解はあくまで自己責任の上でお願い致します。
また、この方法はコントローラーの不調の解消を必ずしも保証するものではありません。

PS4コントローラー(Dualshock 4分解手順)

必要なもの

  • プラスドライバー
  • 硬い板状の物(今回はマイナスドライバーを使用)
  • 綿棒やエアダスター(掃除用)

PS4コントローラーの分解自体に特殊な工具は必要なく、プラスドライバーと硬い板状の2つがあればいい。

ただしプラスネジはかなり小さいため、プラスドライバーのサイズには注意しよう。

試した限りプラスドライバーのサイズは2.0〜2.5までが一番作業がしやすかった。

また、今回は分解した上で掃除を行うので綿棒やエアダスターなども用意したほうがいい。

注意点

注意点として分解作業を行うとほぼ確実にコントローラーに傷がつくためコントローラーの見た目を気にする場合はやめた方がいい。

また、分解には相応の力が必要なので勢い余って手に怪我をする可能性もある(僕はドライバーが滑って左手を出血する怪我をした)。

更に分解手順を誤るなどしてコントローラーが完全に壊れる場合もあるため、この作業は予備のコントローラーがない場合は行わないほうがよい。

分解手順

まずはコントローラー背面の4つのネジを外そう。

PS4コントローラーの外側のネジはこの4つだけで固定されている。

ちなみに「SONY」と書かれたシールを剥がしてもネジはない。

4つのネジを外したらコントローラー左右の持ち手の隙間に板状の物(マイナスドライバーなど)を差し込み、持ち上げて浮かせる。

左右の持ち手が上記写真のように浮いたらコントローラー中央の隙間に再び板状のものを差し込んで梃子の力で持ち上げる。

この際、コントローラーの製造年や使用期間によってはかなりの力が必要なので注意。

コントローラーの外側がパカっと開くと上記写真のようになる。

続いてコントローラー左の「平らな白いケーブル」、及びバッテリーが接続されている「赤と黒のケーブル」を根本から引っ張って基盤から引き抜こう。

更にバッテリーの下の土台のネジが基盤を固定しているのでこのネジも外そう。

なお、コントローラーのバージョン(色や製造年)によってはネジなどの色が写真と違う場合があるが「白いケーブル」「赤と黒のバッテリーケーブル」はどれも同じ色だ。

また、白いケーブルには明確に裏表が存在するため、元に戻す時を考えて向きを把握しておこう。

白いケーブルの金色の端子部分が基盤の差込口の端子部分に接触する向きで挿さっている必要がある。

白いケーブルと赤と黒のケーブルを抜き、基盤を固定しているネジを外してバッテリーの土台を外すと上記写真のようになる。

なお、基盤の上部には裏側からタッチパッド用のケーブルが接続されているがこのケーブルは外さなくても完全な分解は可能である。

ただ場合によってはタッチパッドがコントローラーに引っかかることがあるので分解の際に邪魔な場合はタッチパッド用のケーブルを上方向に引っ張って基盤から引き抜こう。

続いて基盤やその周りに指をかけて引っ張るとPS4コントローラーの主要な部分だけがコントローラーの外側からするっと外れる。

上記写真のようにコントローラーのいわゆる「中身」だけが取り外せたら左スティックの根本、及び底の部分のプラスチックの粉を掃除しよう。

上記写真はコントローラーを完全に分解したもの。

左スティックの根本部分。ここにプラスチックの粉が入ることによって左スティックの異常が起きると思われる
左スティックの駆動部分

左スティックの根本や底の機械(駆動)部分をエアダスターや綿棒などできちんと掃除したら元の手順で戻していこう。

なお、一番外側のコントローラーのケース部分を戻す際に左右の持ち手がなかなか嵌まらないことがあるが、その場合はかなりの力が必要なので場合によっては足で踏みつけてしまってもいい。

上記のように無事に元通りになったら完了。

あとはPS4を起動して左スティックの入力不良(勝手に入力される)が改善されているか確認して終了。

再発を防ぐには?

この問題の原因は冒頭でも書いた通りスティックの過度の使用で削れたプラスチック片によるものと思われるため、もし先ほどの手順で直った場合は再発を防ぐため、FPSゲームではついつい力が入ってしまうかもしれないがなるべくスティックに力を入れないで操作するのを意識してみよう。

FPSゲームによってはスティックの押し込みではなく「2回前方向にスティックを倒すとダッシュ」という操作などに変更できる場合があるので、操作方法を変更するのも有効だ。

まとめ

僕の場合は少なくとも上記の分解して掃除するという方法で3台のコントローラーで左スティックの「勝手に入力され続ける」という問題は改善させることができた。

この方法が100%左スティックの不調に効果があるというわけではないし、上記の手順で分解・掃除しても直らない可能性は大いにある上に、分解手順を誤ったりしてコントローラーが完全に壊れるリスクもあるが「どうせ予備のコントローラーがあるから壊れてもいい」という場合はコントローラーの分解と掃除は試す価値はあると思う。