CoD:MWなどのPS4オンラインゲームでパケットロスが起こった場合の対処法

先日PS4のCall of Duty:Modern Warfare(2019)のオンライン対戦をプレイ中に頻繁に画面左側に3つの四角マークが出て、これはなんだろうと調べたところ「遅延やパケットロスなどが発生している警告」とのことだった。

今回はCoD:MWを中心にして解説するが、MWに限らずPS4のオンライン対戦でパケットロスが頻繁に発生する場合にも有効な対処法をまとめる。

パケットロスはなぜ起こる?

一般にゲームでパケットロスが起こる原因は以下

  • 回線が遅い
  • プロバイダの問題
  • プロバイダやゲームのネットワーク、ホストまでのサーバーの経由に起因する問題
  • ホスト側の回線の問題
  • ゲームの最適化不足

以上のような理由が挙げられる。

当然CoD:MWも上記の問題は多かれ少なかれ原因となるが僕の場合はルーターの設定を見直すことで完全に解消とまではいかなくてもパケットロスの警告は大幅に改善した。

CoD:MWでのパケットロス

CoD:MWではパケットロスや回線に問題が発生している場合、画面左側に上記のような黄色い四角いマークが3つ並んだ警告表示が出る。

たまに起こる程度だったり、発生してもすぐに収まる場合は問題ないがどのマッチでも、誰がホストでも頻繁に(または常時)発生する場合はこちら側に原因があるので設定を見直そう。

僕の場合は昼だろうが夜だろうがひっきりなしにこの警告マークが出ていた。

ただ、ラグは体感できず(他のプレイヤーから見たら違うかもしれないが)、遅延やパケットロスもゲーム上の情報を見る限り異常は見られなかった。

警告マークが出ていてもパケットロスは全くなし

なおCoD:MWで遅延が300~400msあるのは表示バグであり、0が一つ多いため400msなら実際は40msが正しい。

遅延情報が表示バグであることは以下の動画やRedditで解説されている(英語)

Card

なおCoD:MWでの遅延やパケットロスは実際にゲーム中(対戦中)にオプションボタンを押してオプション画面を開き「アカウント」というタブで確認可能。

遅延情報が表示上のバグであり、パケットロスに関しても少なくとも「アカウント」の画面では00%なので実際にはパケットロスが発生していない可能性があるが、やはり画面に警告マークが出るのは精神的によくない。

ルーターの設定を見直して警告マークが出る頻度は著しく改善

今回はバッファロー製のルーターを例にして解説するが今回の設定はどのルーターでも基本的には同じだ。

PS4をDMZの指定から外す

まず第一にルーターの設定でPS4をDMZに指定しているなら今すぐ無効にすることをお勧めする。

僕の環境だけかもしれないが、僕の場合はPS4をDMZの指定から外したら警告マークが出る頻度は著しく減少した。

PS4のポートなどを開くのが面倒でDMZにPS4を指定しているなら一度DMZを空欄にして再度ゲームをテストプレイしてみよう。

PS4(PSN)で使用されるポートを開く

次に試したのはPS4(PSN)で使用されるポートを一通り開放するというもの。

一般的にPS4(PSN)で使用されるポートは以下となる。

TCP80、 443、 3478、 3479、 3480、 5223、 8080
UDP3478、 3479

今回はバッファロー製ルーター「WSR-2533DHP-CB」で上記のポートを全て開いた。

なおポートを開く手順はルーターによって異なる上、既にポートを開放する方法は色々なブログで紹介されているため割愛させて頂くのでご容赦願いたい。

QoS設定でPS4(PSN)で使用されるポートを有線設定

ルーターによってはQoS(Quality of Service)設定というものがあり、特定のポートの通信や特定のデバイスなどの送受信を優先的に行うように指定できる場合がある。

QoS設定をしていなければPCやスマホ、タブレットなどのネットの送受信には優先順位が存在せず、デバイスによっては帯域をフルに使ってしまい他のデバイスの通信の質が落ちる場合がある。

QoS設定をすれば任意のポートやデバイスに優先的に通信を割り振ることができ、上記のような現象を回避できる。

ルーターによって設定方法や細かい名称も違う場合があるが、今回はバッファロー製ルーターのQoSという設定画面で以下のような設定を行なった。

PS4(PSN)で使用される先ほどのポートを上記画像のように入力して優先度を「高」に設定した。

また、僕の使用している回線は上り回線がわずか10Mbpsしかないため、上り回線帯域幅は10000Kbpsに設定している。

これにより指定したポートへの通信(今回はPS4への通信)は他のデバイスやアプリケーションの通信より優先されて行うようになる。

ちなみに「上り回線が10Mbpsしかないのならパケットロスは起きて当然じゃないか」と思うかもしれないが、CoD:MWまではパケットロス問題はどのオンラインゲームでもほとんど経験したことがないか無視できるレベルだった

少なくともここまで警告表示が出るゲームはCoD:MW以外には記憶にない。

設定した結果

上記の設定を適用したのち、あらためてCoD:MWのマルチプレイヤーを3時間ほどプレイしたが稀にパケットロスの警告マークは出るものの、頻度は著しく減り全く警告マークが出ない試合もあった。

設定をする前も特にラグなどは感じなかったが上記の設定を適用すると心なしか依然より遅延が減っている印象を受けた。

もしCoD:MWなどでパケットロスやパケットロスの警告マークに悩まされているなら是非「DMZにPS4を指定しない」「PS4(PSN)で使用されるポートを開く」「QoS設定でPS4(PSN)を優先設定にする」という三点を試してほしい。