スターサーバーで契約更新をしてもご利用期限が変わらない場合

先日、当ブログを設置しているレンタルサーバー「スターサーバー」において契約更新をしたものの、正常にアカウント画面に契約更新が反映されないという経験をしたので対処法を紹介する。

契約更新をしてもご利用期限が変わらない

事の発端

本来スターサーバーの契約更新は毎月15日に行われており、サービス期限月の15日になれば自動で更新処理がされるのでユーザーが自ら更新作業をマニュアルでする必要はないが僕は念のために常に3ヶ月ごとにマニュアル更新をしていた。

契約管理画面の「利用中のサービス」欄では更新が反映されている
サーバー管理画面ではご利用期限が2019年11月30日のまま

今回もいつも通り3ヶ月の契約更新をしたが契約管理画面では更新が2020年2月29日と反映されたがサーバー管理画面では2019年11月30日のままとなっており、契約の更新が反映されないという事態になった。

検索しても出てこない

スターサーバーのQ&A掲示板では同じような現象に遭遇した人がいたが、返信欄には具体的な対処法が書き込まれておらず「サポートに問い合わせた方がいい」という返信があっただけだった。

検索してもネット上には少なくとも僕が見た限りでは同じような現象に遭遇した人はQ&A掲示板以外では見つからなかった。

サポートに問い合わせてみた

契約更新や決済についての問い合わせはこの画面の「2番」をクリックする

この時点で既に契約更新を済ませてから8時間ほどが経過していたが、一向にサーバー管理画面のご利用期限が更新されないため、さすがに不安に駆られサポートに問い合わせてみた。

注意したいのがスターサーバーのサポートは複数のお問い合わせフォームがあり、サーバーのエラーや決済情報などそれぞれのカテゴリ別にお問い合わせフォームが存在する。

今回は決済・契約更新の問題であるために以下のフォームから問い合わせをした。

CHECK
お問い合わせフォーム - スターサーバー

返信とほぼ同時にご利用期限が反映された

サポートからの返信と同時に契約更新がご利用期限に反映された

問い合わせから数時間後にスターサーバーのサポートからの「現在は正常に更新期限が反映されている」という返信が来たのとほぼ同時にサーバー管理画面の「ご利用期限」も2020年2月29日に更新されていることが確認できた。

推測ではあるが、僕がサポートに問題を報告したためスターサーバー側が契約更新の処理を行い正常な表示になったのではないか。

もしサポートに問い合わせなければ「ご利用期限」は更新されなかった可能性が高いのではないかと思っている。

おかしいと思ったら躊躇せずサポートに問い合わせよう

ブログを運営する人にとってレンタルサーバーの期限というのは最も重要であり、仮に利用期限を過ぎても更新しなかった場合スターサーバーの場合は入金するまでサーバーが凍結される。

もし同じような現象、あるいは同じでなくても契約更新においていつもと違う現象が確認されたのなら躊躇せずサポートに問い合わせることをお勧めする。

放っておいてもご利用期限がいつかは反映された可能性もあるが、不安の種は早々に潰しておいた方がいい。