記事タイトルのブログ名がGoogle検索結果でおかしくなった時の対処法

先日ふとGoogleで自分のブログの検索結果を眺めていたら、なんとGoogle検索結果の記事タイトルの後につく自分のブログタイトルがおかしな表示になっていた。

見ての通り記事タイトルのあとのブログタイトルが”Parallels Desktop”という表示になってしまっている。

念の為に他の記事も検索してみたら軒並みブログのタイトル部分がおかしい。

本来なら「記事タイトル」のみか「記事タイトル - ブログタイトル」になるはずで、現に以前までは確かにブログタイトルが表示されていたが、数日ぶりに自分のブログを検索したらこのような表示になってしまっていた。

Parallels Desktopというカテゴリは確かに僕のブログにあるが、表示されている記事とは全く関係がない。

一応応急処置的ではあるが、ブログタイトルの表示が変わってしまう原因と対処法をまとめよう。

原因

Googleがブログの記事タイトルを勝手に書き換える問題は既に多くのブログやサイトで報告されていて、Googleのアルゴリズムで勝手に書き換えられてしまう場合がほとんどであり、確実と言える対処法はないとされている。

ただ、僕が見た限りプラグインの”All in One SEO Pack”で記事タイトルのあとにブログタイトルを表示しない設定にしており、なおかつ記事タイトルが短いと稀にこのようにブログのタイトル部分が書き換わってしまうようだ。

記事タイトルが長い記事では異常は見られないため「記事タイトルが短いのが原因」というのは間違いないだろう。

対処法

ブログタイトルを表示する設定に戻す

対処法として、まずはAll in One SEOパックで記事タイトルにブログタイトルを表示しない設定にしている場合は、一度記事タイトルの後にブログタイトルを付ける設定に戻そう。

上の画像のように「投稿タイトルのフォーマット」の後に”| %blog_title%”を付けて「記事タイトル | ブログタイトル」の設定に戻す。

また、今回の問題の大元は記事タイトルが短いことに起因するので、記事タイトルに数文字文章を追加してもいいだろう。

Googleサーチコンソールでインデックス登録をリクエストする

このままだとGoogleのクローラーが巡回してくるまで時間がかかるので、URL検査に直したい記事のURLを入力してインデックス登録をリクエストしよう。

全ての記事のインデックス登録のリクエストはGoogleによるペナルティを食らう可能性があるし、何よりかなりの手間なので特にアクセスが多い数記事をリクエストした方がいい。

僕の場合はインデックス登録をリクエストして2、3分で表示が正常に戻った。

なお、リクエストの前に記事タイトルに文章を新たに追加している。

インデックス登録リクエスト数分で正常な表示になった

インデックス登録をしなくても、前述のようにいずれはクローラーが巡回してブログタイトルを拾ってくれるはずなので他のページも順に正常な表示に戻るはずだ。

予防

このようなGoogleによるブログタイトルの書き換えを予防するために「記事タイトルは短すぎず長すぎないものにする」、「All in One SEO Packなどでブログタイトルを表示する設定にする」などの対策をあらかじめしておいた方が良いだろう。

もちろん、上記のような予防策を講じなくても正常に表示される場合が大半だと思うが念には念を入れた方がいい。

まとめ

今回の問題はあくまで僕のブログに限ったことなので全てのブログに当てはまるわけではないし、僕が行った対処法もブログによっては不要だったり効果がなかったりするかもしれない。

とはいえ僕の場合は一応原因と対処法はわかったので簡潔にまとめておこう。

  • All in One SEO Packなどでブログタイトルを非表示にしていたり、記事タイトルが短すぎるとブログタイトルが正常に表示されないことがある
  • 文章を追加して記事タイトルを適当な長さにするか、ブログタイトルを表示する設定に戻してインデックス登録をリクエストすれば数分で正常に戻る
  • インデックス登録をリクエストして表示を直す方法は数記事に留めて、あとはGoogleのクローラーが新たに巡回するまで待つ

Googleによるブログタイトルの書き換えは不意に発生するようなので、定期的に自分のブログがどのように検索結果に表示されているかチェックするようにしよう。