ギャラリーページのカスタムURLを有効化する「Gallery Custom Links」の使い方

WordPressにおいてギャラリーページでのカスタムリンク(カスタムURL)を使用できるようにする「Gallery Custom Links」プラグインの使い方を紹介。

Gallery Custom Linksとは?

WordPressにおいて、写真などの画像を一覧表示するための機能として「ギャラリー」が最初から用意されているが、この機能はデフォルトでは画像に対してカスタムURL(外部リンク)を使えない。

ギャラリーページに表示する画像をクリックした際に、別のリンク先を指定したい場合はこの仕様は不便だろう。

このギャラリーページにおいて、画像のリンク先に任意のURLを指定できるようにするのが「Gallery Custom Links」というプラグイン。

Gallery Custom Linksの使い方

ではGallery Custom Linksの詳しい使い方を解説していこう。

インストールと有効化

まずは他のプラグインと同じようにGallery Custom Linksをインストールして有効化しよう。

ちなみにインストールするとダッシュボードに上記のようなメニューと設定画面が追加されるが、特に設定の変更は必要ない。

ギャラリー編集画面を開く

有効化したらギャラリーページを開き、変更したいギャラリーを選択して鉛筆マークをクリックし、ギャラリーの編集画面を表示する。

画像を選択して任意のアドレスを入力

ギャラリーの編集画面を開いたらリンク先を変更したい画像を選択。

するとギャラリー編集画面が開くが、画面の右側に新たにカスタムリンク入力ボックスが表示されているはず。

あとはここの”Link URL”という欄に任意のURLを入力しよう。

これで画像をクリックすればそのURLにジャンプするようになる。

”Link Target”の項目は、画像をクリックした際に新しいタブでリンク先を開くようにしたい場合は”New Page”に、現在のタブで開きたい場合は”Same Page”に設定しよう。

Link Relの項目は空欄でOK。

ギャラリーを保存して、記事/ページ更新をすれば完了

ギャラリーの更新は忘れずに。

「ギャラリーを更新」あるいは「ギャラリーを挿入」をクリックしたら、あとは固定ページであれ、投稿であれ、いつものように記事ページを更新/保存すれば完了だ。

Gallery Custom Linksで無効化されたLightboxを有効化する

このGallery Custom Linksというプラグインはとても便利なのだが、このプラグインを使うと、なぜか画像をオシャレにポップアップ表示するLightbox系のプラグインやスクリプトが全部オフになる。

mgcl_core.phpを選択

Lightboxとこのプラグインを併用したい場合は、ダッシュボードのプラグインエディターなどでプラグイン編集ページから”mgcl_core.php”を開いて、以下の項目の記述が2箇所あるので、どちらも削除またはコメントアウトしよう。

注意
プラグインの編集は自己責任でお願いします。
この記述を削除
add_action( 'wp_footer', array( $this, 'unlink_lightboxes_script' ) ) ;
コメントアウトの場合コード冒頭に//を付ける
// add_action( 'wp_footer', array( $this, 'unlink_lightboxes_script' ) ) ;
赤枠の2箇所の記述を削除またはコメントアウトしよう。

削除またはコメントアウトしたら”ファイルを更新”ボタンを押して保存して完了。

これでLightboxが使えるようになる。

今のところ上記の記述を削除しても、特にトラブルや不具合は起こっていない。

なお、この作業はプラグインがアップデートされる度に行う必要がある。

まとめ

以上、簡単にGallery Custom Linksの使い方を説明した。

このプラグインを導入することでギャラリーページの利便性は格段に向上するので、ギャラリーページの画像のリンク先を任意に変更したい場合は必須だと思う。

ただ、デフォルトだとLightboxが無効化されるのは理由も明らかにされておらず、少々戸惑う部分だ。