ブログの一人称はどうすべきか?

突然だが本日から僕の一人称を今までの”私”から”僕”に改めようかと思う。

というのも僕の文体や文章では”私”だと堅苦しすぎるというか、上から目線というか、客観的に見ると不快な感じがしたのだ。

ブログに最適な一人称

男性であれば社会的にもネットマナー的にも”私”という一人称が一番フォーマルで間違いがないという意見が多かったりするのだが、それは本人の文章が堅すぎない場合に限ると思う。

例えば以下の一文を見てみよう。

私は山田太郎です。よろしくお願いします。

丁寧な言葉遣いと”私”という一人称が上手く噛み合っていて違和感や堅物感はない。

ではこれを僕の文章の書き方に直してみよう。

私は山田太郎だ。どうかよろしくお願いしたい。

人にもよるだろうが、かなり”上から目線感”が増したのではないだろうか?

僕は”〜である””〜だ””〜したい”という表現を多用するのだが、”私”という一人称とこれらの表現は組み合わせると上から目線感や堅物感を増長してあまりよくないのだ。

「だったら表現の方を直せばいいじゃないか」という意見もあるだろうが、慣れている文章表現をいきなり変えるのも難しいし、何より今までに書いた記事をリライトする必要も出てくる。

以上が一人称を”私”から”僕”に改めようと思った理由だ。

一人称は文章の書き方で決める

もしあなたが僕のような偏屈な表現はせずに、普通に「私は山田太郎です。よろしくお願いします」のような文章の書き方であれば、あなたが男性であれ女性であれ一人称は”私”で全く問題はないと思う。

しかし文章に癖があるのならば、自分に最適な一人称を考え直した方がいいかもしれない。

ブログを書く上で文章表現が上から目線だったり、あまりに堅物感が出ていると、いかに記事が優れていようとも読者は離れていってしまうと思う。

客観的に”私は〜のだ’”私は〜である”を多用する文章を見て、あなたは共感や親しみを覚えるだろうか。

僕のような断定的な文章を書く場合は一人称は”私”ではなく”僕”が、やはり最適であると思う。

文章が堅苦しいので、一人称を柔らかくしてクッションを置くようなイメージだ。

ブログというのは”見せるもの”ではなく”見てもらう”という意識を持って運営するのが大事なので、あまりに堅苦しすぎる文章と一人称の組み合わせは避けたほうがいいと思うのだ。

まとめ

多くのブログでは男性であれ女性であれ一人称は”私”で全く問題はないが、僕のような癖のある文章を書く人や、特化型の専門ブログなどでは一人称を改めてみると、文章全体の印象が柔らかくなって読者に与える堅苦しさが緩和されるので、一度一人称を考え直してみることをお勧めしたい。

こういった文章にまつわる一人称の問題は、一人称の表現方法が豊富な日本語だからこそ起きるわけであるが、逆にそこが他の言語と違って面白いところでもあると感じる。