Bluetooth 5.0搭載Apple製品一覧

Bluetoothの搭載バージョンというのは、Macやその他のApple製品を購入するにあたってあまり注目することがないだろうが、意外にもApple製品におけるBluetoothのバージョンはバラバラであり、それぞれの製品で搭載するBluetoothのバージョンが異なっている。

ここではBluetooth 5.0の概要と搭載Mac、その他Apple製品をまとめる。

Bluetooth 5.0の概要

Bluetooth 5.0は2019年時点において最新のバージョンであり、従来のBluetooth 4.2からの主な改善点は以下のようになる。

  • データレートが従来の1Mbpsから2Mbpsに高速化
  • 125kbps時の通信範囲が400mに拡張
  • 通信速度を2Mbps、1Mbps、500kbps、125kbpsと柔軟に変更することが可能になり、通信の安定性が改善
  • ”メッシュ”と呼ばれる概念が追加され、これまでは1対1のダイレクト通信だったものが中継機能を介して通信をリレーすることが可能

なお互換性についてはBluetooth 3.0以上であれば相性問題が出る可能性はあるものの、基本的な互換性は確保されており、現在販売されているApple製品は全てBluetooth 3.0以上なので気にしなくていい。

Bluetooth 5.0搭載Mac一覧

Bluetooth 5.0搭載Macをまとめるが、注意したいのが”最新のMacだからといってBluetooth 5.0を搭載しているとは限らない”ということ。

2019年3月にサイレントアップデートされたiMac 5KはいずれのモデルもBluetoothは4.2止まりなのに対して、それより前に発売されたMac mini 2018がBluetooth 5.0を搭載していたりする。

最新のMacを買えば最新の機能が手に入る、というわけではないことに留意する必要がある。

現時点でBluetooth 5.0が搭載されているMacは以下になる。

  • MacBook Pro 13インチ/16インチ
  • iMac Pro
  • Mac Pro 2019
  • Mac mini

これだけである。

こうして見るとBluetooth 5.0搭載Macというのは意外に少なく感じる。

これ以外のMacは全て、搭載Bluetoothは4.2止まりとなる。

当然のことながら2019年7月にサイレントアップデートされたばかりのMacBook AirもBluetoothは4.2である。

改めて考えるとAppleは、プロユース向けではないMacにはBluetooth 5.0といった最新機能を搭載しないことにより差別化を図っているように感じる。

iMac 5Kは8コア16スレッドというかなり高性能なカスタマイズも可能なマシンでありながらBluetoothのバージョンは4.2止まりであり、更に言えばT2 Security Chipも搭載されていない。

Bluetooth 5.0搭載iPhone/iPad/Apple Watch/Apple TV

Mac以外の製品についてもBluetooth 5.0を搭載しているものをまとめてみる。

  • iPhone 8以降
  • iPad Pro
  • iPad Air 第3世代
  • iPad mini 第5世代
  • Apple Watch Series 5
  • Apple TV 4K

iPhoneに関しては廉価モデルのXRにおいてもBluetoothは5.0を搭載しており、Bluetoothでの差別化は図られていない。

ただ、無印iPadにおいてはBluetooth 4.2止まりである。

とはいえ無印iPadは今年はまだアップデートされていないため、次期無印iPadではBluetooth 5.0が搭載される可能性もある。

なお、iPod Touchは2019年5月に第7世代がリリースされたがこちらはBluetooth 4.1である。

まとめ

Bluetooth 5.0が発表されたのは2016年であり、既に3年経っているのにも関わらず、全てのApple製品がBluetooth 5.0を搭載するには至っていない。

特にMacにおいてはBluetooth 4.2止まりの製品が多い。

ライセンスなどのコスト面で、低価格帯のMacには搭載しないのかと思ったのだが、最低価格が89,800円である最安のMacであるMac mini 2018にすらBluetooth 5.0が搭載されていることを考えると、コストというよりはやはりプロ向けと一般向けというような差別化を図るためなのだろう。

Bluetooth 5.0を搭載しているからといってBluetooth環境が劇的に変わるわけではないが、将来性という意味でMacやその他のApple製品を購入する際にはできれば最新のBluetooth 5.0を搭載したものを選択したいところだ。