iOS・iPadOS・watchOS・tvOS・macOSの歴代のリリース日まとめ

英語版WikipediaではmacOSなどのリリース日がリスト化されているのに対して、日本語版Wikipediaはリスト化はされているものの情報が雑多に掲載されていて個人的に見にくかったため、ここでは管理人の備忘録用としてiOS/iPadOS/watchOS/tvOS/macOSの歴代のリリース日などを表にまとめる。

Apple製OSのアップデートスケジュール

始めにAppleにおける各OSのリリース・アップデートスケジュールについて触れておこう。

基本的にAppleは脆弱性などの緊急性の高いセキュリティ関連のアップデートを除いてバグフィックスなどのアップデートは数ヶ月に1回、日本時間水曜日〜金曜日の午前2時〜3時(太平洋標準時火曜日〜木曜日午前9時〜10時)に配信することが多い。

また、アメリカにはサマータイム(3月第2日曜日午前2時〜11月第1日曜日午前2時まで)が存在するため、配信時刻は数ヶ月ごとに前後する。

これらの基本的なスケジュールはメジャーアップデート(iOS 13から14など)でもほぼ変わらない。

ちなみに9月11日は2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件を連想させるため、Appleはスペシャルイベントなどの発表会やメジャーバージョンアップデートの配信は9月11日を避けて行っている。

なお、ベータ(デベロッパーベータやパブリックベータなど)はmacOSに限ってiOS・iPadOS・watchOS・tvOSから数日から一週間ほど遅れて配信されることが多い他、全てのベータソフトウェアは配信される曜日や時刻は特に決まっていない。

様々なベータを利用してきた経験からするとベータも大抵の場合は日本時間午前2時〜3時の間に配信されることが多いが、macOSはその数時間後の午前5時頃(太平洋標準時12時〜13時)にいきなり配信されることがあったりとバラツキが見られる。

更に2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により特にベータにおいてアップデートのスケジュールが滅茶苦茶であり、macOS Big Sur Betaも当初7月にパブリックベータを予定していたが大幅に遅れて8月6日の配信となった他、iOS 14の正式版なども通常の午前2時〜3時(日本時間)より遅れ、午前5時ごろに配信された。

各Apple製OSのリリース日まとめ

ここでは各Apple製OSのリリース日をまとめているが、ベータやマイナーアップデート(バグフィックスなど)を含めた場合、表が猥雑になり、まとめる意味がないためメジャーアップデートの最初のリリースのみを掲載している。

ただし、「情報が不足している・マイナーアップデートもまとめてほしい」という要望が一定数あった場合は近日中にマイナーアップデートやベータを含めた情報を掲載する。

なお、表の「バージョン」の欄にはビルド番号も掲載しているが、iPhoneやMacのモデルによって同じバージョンでもビルド番号は異なる場合があるため、複数のビルドが存在する場合は最も若いビルド番号を優先している。

また、日付はPST(太平洋標準時)を基準としている。

iOS(iPhone OS)

iOSは当初iPhone OSという名称であり、その後バージョン4からiOSへと改められた。

また、iOS 8まではApple TVにも搭載されていた。

バージョンリリース日備考
iPhone OS 1
(1A543a)
2007年6月29日初代iPhoneリリース
iPhone OS 2
(5A347)
2008年7月11日iPhone 3G発売と同時にApp Storeが初めて登場
iPhone OS 3
(7A341)
2009年6月17日
iOS 4
(8A293)
2010年6月21日このバージョン以降名称はiOSとなる
iOS 5
(9A334)
2011年10月12日これ以降iOSに限らずAppleによるOSのメジャーアップデートは主に秋に行われるようになる
iOS 6
(10A403)
2012年9月19日Appleによる独自のMapアプリが搭載されたが、「パチンコガンダム駅」に代表される品質の低さが世界的に問題となり、Appleが謝罪するという異例の事態になる
iOS 7
(11A466)
2013年9月18日インターフェースが刷新され、フラットデザインへと移行する
iOS 8
(12A365)
2014年9月17日
iOS 9
(13A340)
2015年9月16日
iOS 10
(14A403)
2016年9月13日iPhone 7/7 PlusがFeliCaに対応したため、このバージョンとiPhone 7以降ではApple PayによるSuicaの利用やマイナンバーカードなどのNFCの読み取りを行えるようになる

また、iOS 10.3からはAppleが設計した完全新規のファイルシステム「APFS」に対応
iOS 11
(15A372)
2017年9月19日
iOS 12
(16A366)
2018年9月17日
iOS 13
(17A577)
2019年9月19日これ以降、iPad向けのiOSはiPadOSに派生したが、バージョン番号は引き継いでいる
iOS 14
(18A373)
2020年9月16日
例年より3時間ほど配信が遅れた
一新されたウィジェットやAppライブラリというアプリ整理の機能が追加されたほか、デフォルトブラウザやデフォルトメールアプリを変更できるようになった

iPadOS 14とビルド番号は同じ

iPadOS

iOS 13から独立したOSへと派生したがバージョン番号は引き継いでいる。

バージョンリリース日備考
iPadOS 13.1
(17A844)
2019年9月14日iPadOSはバージョン13.1からスタート
iPadOS 14
(18A373)
2020年9月16日
例年より3時間ほど配信が遅れた
iOS 14とビルド番号は同じ

watchOS

バージョンリリース日備考
watchOS 1
(12S507)
2015年4月24日Apple Watch初代リリース
watchOS 2
(13S344)
2015年9月21日watchOS 1から半年経たずにメジャーアップデートが行われる
watchOS 3
(14S326)
2016年9月13日iPhoneと同様にApple Watch Series 2がFeliCaに対応したため、このバージョンからApple PayによるSuicaなどの利用をサポート
watchOS 4
(15R372)
2017年9月19日
watchOS 5
(16R364)
2018年9月17日Apple Watch Series 4が心電図計測・不規則心拍の検知機能を搭載したが、日本ではOS側で機能が殺されている

なお、これらの機能は2020年9月現在、日本でも将来的に利用できるようになる可能性が報じられている
watchOS 6
(17R575)
2019年9月19日
watchOS 7
(18R382)
2020年9月16日
例年より3時間ほど配信が遅れた
手洗いを支援する機能や新しいWatch Faceが追加

また、スタンドの時間などをユーザーが調節できるようになった

tvOS

Apple TV向けのtvOSはバージョン8までiOSを搭載していたが、tvOS 9から設計を一新し、「tvOS」と名称を改めた(バージョン番号は引き継いでいる)。

バージョンリリース日備考
tvOS 9
(13T396)
2015年10月29日
tvOS 10
(14T330)
2016年9月13日
tvOS 11
(15J381)
2017年9月19日
tvOS 12
(16J364)
2018年9月17日Dolby Atmosをサポート
tvOS 13
(17J586)
2019年9月24日
tvOS 14
(18J386)
2020年9月16日
例年より3時間ほど配信が遅れた

macOS(Mac OS X/OS X)

macOSは最も歴史が長いOSであるため(というよりiOSなどは全てmacOSをベースとしている)、Mac OS X、OS Xと名称が度々変わっている。

バージョンリリース日備考
Mac OS X 10.0
Public Beta
Kodiak
(1H39) 🇺🇸
(2E14) 🌎
2000年9月13日🇺🇸
2000年10月21日🌎
フィードバックを目的として$29.95(3,500円)で販売

国際版と米国版ではビルド番号が異なる

日本語版Wikipediaではコードネームが「Siam」と記載されているが英語版では「Kodiak」となっているため本記事では英語版Wikipediaに準ずる
Mac OS X 10.0
Cheetah
(4K78)
2001年3月24日パブリックベータを経て正式版となる
Mac OS X 10.1
Puma
(5G64)
2001年9月25日
Mac OS X 10.2
Jaguar
(6C115)
2002年8月24日
Mac OS X 10.3
Panther
(7B85)
2003年10月24日
Mac OS X 10.4
Tiger
(8A428)
2005年8月29日WWDC 2005でPowerPCからIntelへの移行を発表

Intelへの移行に伴い、このバージョンから数年間メジャーアップデートのリリースに開きが生じる

このバージョンではIntelとPowerPC双方をサポート
Mac OS X 10.5
Leopard
(9A581)
2007年10月26日PowerPCをサポートする最後のバージョンとなる
Mac OS X 10.6
Snow Leopard
(10A432)
2009年8月28日Intelへの移行が完了し、これ以降はIntelプロセッサのみをサポート

10.6.6でMac App Storeが登場
Mac OS X 10.7
Lion
(11A511)
2011年7月20日これ移行、macOSのアップデートはMac App Store経由となる
OS X 10.8
Mountain Lion
(12A269)
2012年7月25日これ以降、名称から「Mac」が外され「OS X」となる
OS X 10.9
Mavericks
(13A603)
2013年10月22日これ以降、macOSのメジャーアップデートが無料となる

また、ネコ科の動物名の枯渇に伴い、コードネームはアメリカ・カリフォルニア州の地名から命名されるようになる
OS X 10.10
Yosemite
(14A389)
2014年10月16日iOS 7から遅れて1年、インターフェースがフラットデザインへと刷新される
OS X 10.11
El Capitan
(15A284)
2015年9月30日System Integrity Protection(SIP)が導入され、プロテクトが強固になる
macOS 10.12
Sierra
(16A323)
2016年9月20日これ以降、iOSなどと統一性を図るため名称が「macOS」となる
macOS 10.13
High Sierra
(17A365)
2017年9月25日iOS 10.3から遅れてファイルシステム「APFS」に対応

新たに外付けグラフィックプロセッサ(eGPU)をサポート
macOS 10.14
Mojave
(18A391)
2018年9月24日High SierraまではSSDのみ対応であったAPFSがFusion DriveとHDDをサポート

アップデートがMac App Storeではなく「ソフトウェアアップデート」というシステム環境設定の一機能で行われるようになる
macOS 10.15
Catalina
(19A583)
2019年10月7日64bitアプリケーションのサポートが終了し、iTunesは「ミュージック」「TV」「Podcast」という3つのアプリへ分割される
macOS 11.0
Big Sur Beta 9
(20A5384c)
2020年9月30日
(Beta 9)
WWDC 2020でIntelからARM(Apple Silicon)への移行を発表

ARMアーキテクチャをサポートする最初のバージョンとなる

また、デザインも大幅に刷新された他、バージョンが11.0となる

正式版のリリース日未定

まとめ

本記事のリストは各OSのアップデート(ベータを含む)がある度に随時更新する。