複数のiPhoneにペアリングされたApple Watchの問題解決

「Apple Watchは複数のiPhoneとペアリングできない」というのはApple Watchを使用している人なら聞いたことがあるかもしれない。

しかし実際に2台のiPhoneで試したところ、iPhoneと通信が可能なのは1台のみだが2台のiPhone共に同一のApple Watchとのペアリング情報が残ってしまった。

今回は2台のiPhoneでApple Watchを使わざるを得ない状況に至った経緯と結果を説明する。

管理人の状況

まず管理人の状況をまとめると下記のようになる。

  1. メインで使っているApple WatchとペアリングしていたiPhone Xが一時的にディスプレイが点灯しなくなり(本体自体の機能は生きている)、新しく中古で購入したiPhone 7を使用開始。
  2. この際、iPhone Xは遠隔でApple IDからログアウトさせた。
  3. 新たに購入した中古のiPhone 7でApple Watchにペアリング可能だったのでペアリング。この際、ペアリング作業は必要だったがApple Watchのリセットや消去は行われなかった(Apple Watch上にアプリもそのまま残っていた)。
  4. DFUモードでiPhone Xを復元させたところ、ディスプレイが再び点灯可能になり正常に使用ができるようになったため、Apple Watchのペアリング先をiPhone 7からiPhone Xに戻すことになった。
  5. この時点でiPhone 7にもiPhone Xにも同一のApple Watchとペアリングされている状態になっていた(Apple Watchとの通信は1台しか出来ないが両方のiPhoneにペアリング情報が残っている)。

バグなのか仕様なのかは不明だが、上記のような奇妙な状況になってしまった。

なおiPhoneをDFUモードで復元させる方法は下記の記事で詳しく解説している。

ディスプレイに異常があるiPhone XをDFUモードで復元させてみた

何が起きたのか?

ここからは推測も入るのだがiPhoneとペアリングしており、尚且つiPhoneとApple Watchが通信している状態の際にiPhoneをApple IDからログアウトさせた場合、Apple Watch本体のリセットを経ずとも別のiPhoneとペアリング可能なのではないか?ということ。

つまり新しいiPhoneを購入し、Apple Watchと通信していた以前のiPhoneをApple IDやiCloudから全てログアウトさせた場合、Apple Watchをリセットしなくても新しいiPhoneとペアリングも出来るし、Apple Watch本体のアプリも残ることになる。

僕の環境で偶然このような状態になったとも考えられるが、恐らくはApple WatchはiPhoneがApple IDからサインアウトされ状態であれば別のiPhoneとペアリングが可能ということだろう。

元に戻す場合

では新しくペアリングした僕のiPhone 7から再び以前使っていたiPhone XにApple Watchを接続するにはどうすればいいのか。

結論から言うとこの場合両方のiPhoneでApple Watchのペアリングを解除し、新しくiPhone Xにペアリングし直す作業が必要だった。

iPhoneのWatchアプリの説明にもある通り、Apple WatchとiPhoneのペアリングを解除した場合、Watch本体の情報は全てリセットされる(クラウドにはバックアップされるが)。

最終的に僕の場合、両方のiPhoneでペアリングを解除し、新たにiPhone XとペアリングさせるというApple Watch購入当初と同様の作業が必要になった。

なお、同一のApple Watchのペアリング情報が存在する2台のiPhoneでペアリング解除作業を行うと一台のiPhoneからは「ペアリング解除に問題が発生した」という警告が出たが、結果的にその警告は無視しても大丈夫だった。

まとめ

今回の経験を踏まえてまとめると下記のようになる。

  • Apple Watchとペアリングしており尚且つApple Watchと通信可能な状態のiPhoneの場合、iPhoneをApple IDやiCloudからサインアウトさせればApple Watch本体のリセットを経ずに新たなiPhoneとペアリング・通信が可能
  • ただし以前使用していたiPhoneと新しいiPhoneでの「二重ペアリング」状態になってしまうため、以前使用していたiPhoneでApple Watchを再び使うためには以前のiPhoneと新しいiPhone両方でのペアリング解除作業が必要

あくまで僕の環境での場合だが、非常に奇妙な現象だったため備忘録代わりに記事を執筆した次第だ。