Apple Watchの心電図アプリを使ってみた。僕の体質ではまともに計測できず

Appleは2020年1月27日午前2時ごろ(日本時間)、iOS 14.4、iPadOS 14.4、tvOS 14.4、及びwatchOS 7.3をリリースし、日本国内でもようやくApple Watchで心電図(ECG - Electrocardiogram)の計測(記録)、及び不規則な心拍通知を設定することが可能になった。

画像出典 Apple

Apple Watchの心電図記録機能を利用すると心房細動の兆候を検知することができるが、あくまで補助機能であり従来の医師の診断に替わるものではなく、医学的判断の根拠として使用することも意図していない。

また、心房細動以外の不整脈の検出はできないとされている。

本記事では早速この1年欠かさず装着しているApple Watch Series 5(44mm)で心電図を記録してみたので所感を記しておきたい。

結果から言えば僕の体が特殊なのか相性が悪いのか、20回試してまともに記録できたのは1回だけだった。

なお、心電図記録機能はあくまで補助的機能とはいえ医療機器扱いであるため、心電図記録の前にAppleの配布するPDF文書を熟読しておこう。

参考 Appleの心電図アプリケーションの使用説明Apple

ちなみにApple Watch Series 6の血中酸素計測機能や心拍数計測機能は医療機器ではない。

心電図記録対応Apple Watchと心電図記録手順

心電図記録対応Apple Watch

画像出典 Apple

Apple Watchの心電図の記録に対応するのはApple Watch Series 4、5、6の3つのみであり、Apple Watch SEは対応していない。

なお、AppleのPDF文書では22歳未満での記録は想定していないとされている。

心電図記録の手順

対応Apple Watchを装着したらiPhoneのWatchアプリの「心臓」の項目で「心電図App」を設定しよう。

この際、Apple Watchの心電図記録機能では心臓発作の兆候は検知できないこと、体調が悪い場合はすぐ医師にかかることなど警告が表示される。

続いてApple Watchで心電図アプリを起動しよう。

「指をDigital Crownに当ててください」と出るのでデジタルクラウンに人差し指などをしっかり当てよう。

この際、手首と腕は机や膝の上に置いて安定させよう。

デジタルクラウンが指を検知すると(正確に言えば心臓を流れる電気信号を指先から検知すると)心電図の記録が始まるので指を離したり腕を動かさないようにして30秒待てば記録した心電図がヘルスケアアプリの「心臓」>「心電図(ECG)」の項目に登録される他、Apple Watch上にも判定結果が表示される。

Apple Watchの心電図の判定結果は下記の5通りとなる。

  • 心房細動
  • 洞調律(正常)
  • 低心拍数
  • 高心拍数
  • 判定不能

僕の場合、まともに記録するのは不可能だった

僕の場合はまず指をデジタルクラウンに当てているにも関わらず「指をDigital Crownに当ててください」と表示されたまま一向に心電図の記録が始まらなかった。

何度か指を当ててようやく記録が始まったと思ったら「Apple Watchをきちんと手首に装着してください」と出て最初からやり直しになる羽目に。

その後も何度か試したものの「測定の状態がよくないため記録作業は停止しました」と出たり、「手を動かさないでください」と出て何度もやり直しになってしまった。

もちろん腕は机に置いて微動だにしていないし、手も動かしていない。

ようやく正常に記録できたと思ったら今度は結果が「判定不能」と出てしまった(これも一種の記録結果ではあるが)。

その後も何度かやり直して、結果として20回ほど記録を繰り返したところ、ようやく正常に心電図を記録できた(時刻が前後しているのはスクリーンショットを撮り直したためであり、最初に出た結果は判定不能である)。

ようやく出た結果は洞調律であり異常はなかった(万が一心房細動などの結果が出た場合はすぐに医師に診てもらおう)。

僕は基礎疾患などはないが、体質的に安静時の心拍数が常時100を超えているような状態なのでApple Watchの心電図記録機能と相性が悪いのかもしれない。

結果として現在までに40回ほど記録したがまともに心電図を記録できたのは上記の1回のみであり、その後は「測定の状態がよくない」や「判定不能」と出るばかりで少なくとも僕の体質ではApple Watchでは心電図をまともに記録できないようだ。

なお、僕は病院で心電図の記録を取ったりホルター心電図を装着したことは何度もあるが、病院などの心電図検査でこのような記録のやり直しを行った経験は一度もないため、Apple Watchの判定が極めてシビアと言える(医療機器には詳しくないので憶測であるが)。

判定がシビアなのは医療機器扱いであるため、誤った計測・記録は許されない(命に直結する問題)というのが大きな理由だろう。

医療機器扱いではあるもののApple Watchの心電図記録機能はあくまで補助

iPhoneやApple Watchで「心電図アプリで心臓発作は検知できない」、「体調が優れない場合は医師にかかること」などと注意表示が出るようにApple Watchの心電図記録機能は医療機器扱いではあるもののあくまで補助に過ぎない。

心臓に持病がある人がどこでも手軽に心電図を記録するといった場合にはとても有用だし、この機能で救われる命も必ずあると思うが、あくまで補助機能と割り切った方がいいように思う。

僕のように体質によってはまともに心電図を記録できない場合もあるため、本当に心臓の状態がおかしかったり、不安に感じたらきちんと病院で診察してもらうことを強くお勧めする。