限定公開のSoundCloud楽曲をWeb以外で聴く方法

アマチュアのシンガーが歌う楽曲などは「寄付をしてくれた人に限定公開」と言ったように「SoundCloud」を経由して楽曲を提供しているが、そのままだとWeb上(ブラウザ上)でしか再生できない。

ここでは違法性がなく、規約に準じて、アーティストにも迷惑が及ばない方法で限定公開のSoundCloud楽曲をブラウザ以外で聴く方法を紹介する。

なお、この方法はiPhoneやiPad、Android端末などのモバイル環境でしか通用しない点に注意。

ちなみに限定公開の楽曲を不正にダウンロードした場合は違法ダウンロードに当たる上、アーティストに対しても被害を与えるので仮に方法があったとしても絶対にやってはいけない。

限定公開のSoundCloud楽曲をアプリで聴く方法

App StoreやGoogle Play StoreでSoundCloudアプリをインストール

まずはApp StoreやGoogle Play StoreでSoundCloudの公式アプリ(無料)をダウンロードしてインストールしよう。

限定公開ページで楽曲を再生してアプリへのリンクを開く

続いてSoundCloud楽曲が限定公開されているページにアクセスし、まずはブラウザで楽曲を再生する。

この際、SoundCloudアプリが端末にインストールされている場合、再生画面に「Play on SoundCloud」というボタンが現れるのでタップすると自動的にSoundCloudアプリに切り替わり、限定公開の楽曲であってもアプリで再生可能となる。

限定公開の楽曲をSoundCloudアプリで再生するとタイトルに限定公開であることを示す鍵マークが表示される他、楽曲をシェアしたりプレイリストに追加することはできないが楽曲リピートやバックグラウンド再生は問題なく可能だ。

PC・Macでの再生

残念ながらPC・Macではモバイル端末のようにアプリ単体で限定公開の楽曲を再生する方法はなく、SoundCloudのWeb版からも限定公開の楽曲はそもそも閲覧できないため、限定公開されているページ上でしか楽曲は鑑賞できない。

もしPC・Macでも限定公開の楽曲をアプリ単体で聴きたいのであればアーティストに連絡を取り、楽曲ファイルの提供をお願いするしかないだろう。

MacのSoundCloudアプリ「DaftCloud」

限定公開の楽曲は再生できないもののMacにはサードパーティーのSoundCloudのスタンドアローンアプリ「DaftCloud」が存在するので紹介しておこう。

Macには複数のサードパーティーSoundCloudアプリが存在するが、ほとんどのアプリは数年間更新されていなかったりするため、実際に最新のmacOSで正常に動作するアプリは限られる。

そんな中でもMac App Storeで無料で配信されている「DaftCloud」は更新が頻繁に行われており、macOS Catalinaでも正常に動作する。

ただ、「DaftCloud」はUIに難があり、リピート再生などは出来ず、プレイリストを順番に再生する機能しかない。

もしリピート再生を使いたいのならWeb版のSoundCloudを使用した方がいいだろう。

まとめ

現状、限定公開の楽曲の単体再生は正規の方法ではSoundCloud公式アプリが存在するモバイル端末以外ではできない。

こうした厳格な措置は違法ダウンロードやアーティストの利益を守る上で重要ではあるが、PC・Macにおいてもせめて何らかのアプリで単体で再生できるような柔軟性が必要ではないかと思う。