iPhoneでデスクトップ用Webサイトを閲覧する方法

iPhoneの設定で「デスクトップ用Webサイトを表示」を設定してもSafariやChromeではいくつかのWebサイトは強制的にスマホ版が表示されてしまうことがあるため、管理人が試した中で確実にiPhoneでデスクトップ用Webサイトを表示する方法をまとめる。

iPhoneでデスクトップ用Webサイトを見る手順

1. Desktop PC Browserをダウンロード

iPhoneを利用している限りSafariやChromeではデスクトップ用Webサイトを完全に表示する方法はないため、下記リンクから「Desktop PC Browser」という無料アプリをダウンロードする。

このアプリを用いることでiPhone側の「User Agent(ブラウザやOSの情報)」や画面解像度も偽装し、Webサイト側に「閲覧しているデバイスはiPadやPCである」という偽の情報を確実に伝えることが可能になる。

iPhoneの設定やSafariの設定では解像度情報によるデバイス判定までは欺瞞できない。

更に一部のWebサイトはスマホを横向き(ランドスケープ)にした程度では「iPadやPCである」という判定に至るほどの十分な解像度を得られないため、本アプリのような解像度情報まで偽装するようなアプリが必要となる。

2. Desktop PC BrowserからWebサイトを開き、下部のボタンをタップ

ダウンロードした「Desktop PC Browser」アプリからデスクトップ用を表示したいWebサイトを開き、画面下部の「Safari〜」から始まるボタンをタップ。

3. 偽装するOSを切り替える

ボタンをタップするとiPadやWindowsなど様々な選択肢が表示されるため、自分で画面を確認しながらOSを切り替えてみよう。

4. デスクトップ用Webサイトが表示されたら完了

画像のようにデスクトップ用Webサイトが表示されたら完了だ。

なお、上記画像では神奈川県のホームページを例にUser Agentを「Safari - iPad iOS 9.0.1」に変更してデスクトップ用Webサイトを表示している。

神奈川県のホームページはiPhoneやSafari・Chromeの設定で「デスクトップ用Webサイトを表示」に設定しても強制的にスマホ用が表示されてしまうため、このようなWebサイトでiPhoneでデスクトップ用Webサイトを表示するには「Desktop PC Browser」を利用するくらいしか方法がない(少なくとも管理人が試した限りでは)。

まとめ

昨年のiOS 13及びiPadOS 13からはiPhoneやiPadでデスクトップ用Webサイトを表示する機能が強化されたが、それでも全てのWebサイトでデスクトップ用Webサイトを表示できるわけではないため、iPhoneでデスクトップ用を表示したいWebサイトがあったら本記事で紹介したアプリを試してみることをお勧めする。