プライバシーの危険性を視覚化 DuckDuckGo Privacy Essentials広告・トラッキングブロッカー

僕は普段から検索エンジンはプライバシーの厳格な保護を謳っているDuckDuckGoを使っているが、DuckDuckGo公式のブラウザ拡張機能「DuckDuckGo Privacy Essentials」が素晴らしいので紹介。

DuckDuckGo Privacy Essentialsとは?

DuckDuckGo Privacy EssentialsとはWebサイトのトラッキング・アクセス解析及び広告のブロックに加えてそのWebサイトがプライバシーの保護という観点でどのくらいの危険性があるのかを視覚化してくれる拡張機能(機能拡張)だ。

トラッキングをブロックしてくれる広告ブロッカーは沢山あるが、ブロックしたトラッキング及びそのWebサイトの安全性を視覚化して評価してくれるのは画期的な機能と言える。

2020年1月時点でSafari版、Google Chrome版、Firefox版が提供されている。

DuckDuckGo Privacy Essentialsのインストール方法

DuckDuckGo Privacy EssentialsはGoogle Chrome、Firefoxならインストールしただけで有効になるが、Safariは他の機能拡張と同じくSafariの「環境設定」「機能拡張」の欄でDuckDuckGo Privacy Essentialsを有効にする必要がある。

DuckDuckGo Privacy EssentialsをダウンロードしてインストールしたらSafariの「機能拡張」の項目で「Privacy Dashboard」「Privacy Protection」にチェックをつけよう。

DuckDuckGo Privacy Essentialsの使い方

各ブラウザでDuckDuckGo Privacy Essentialsを有効にするとブラウザのツールバーにアルファベットが書かれたマークがあるはずだ。

クリックすると上記画像のようにそのサイトの安全性が表示される。

「Encrypted Connection」はそのサイトとの通信が暗号化されているかどうかを示し「Tracker Blocked」はブロックしたトラッカーの数を示している(画像では1)。

URL真下の「SITE ENHANCED FROM」にあるアルファベットのマークは「トラッキング及び広告ブロック機能を無効にした場合」の評価を示している。

また「Unknown Privacy Practices」とはToS-DR(Terms of Service; Didn't Read)と呼ばれるプロジェクトと連携し、そのサイトに利用規約やプライバシーの保護評価がある場合に表示される項目だ。

僕のブログや大抵のサイトはToS-DRの情報がないため「Unknown」となる。

スコアに関しては僕のサイトはプライバシー保護が有効になっている状態で「B+」という評価になっている。

なお、ランクの最高評価は「A」、最低評価は「F」で、ランクが高いほどプライバシー保護の観点で安心・安全とされる。

上記画面で「Site Privacy Protection」をクリックしてオフにするとトラッキングのブロック及び広告ブロック機能が無効になり「SITE ENHANCED FROM」という表示が消え「素の状態で閲覧した際のそのサイトのプラバシーの危険性」が表示される。

上記画像はトラッキング及び広告のブロック機能、更に他の広告ブロッカーも全て無効化し、素の状態で閲覧した際の僕のブログのトップページの評価だ。

この状態ではトラッキング及び広告のブロック機能が働いていないため、僕のブログには広告はないもののGoogle Analyticsのアクセス解析が引っかかり、安全性は「C+」になってしまった。

ちなみに広告が大量に貼ってある「GIZMODO」にアクセスしてトラッキングと広告のブロック機能を無効にすると評価は「D」というプライバシー的に問題となるかなりの低評価となった。

本家であるDuckDuckGoはどうかというとトラッキングと広告のブロック機能を無効にしても評価は最高ランクの「A」であり、ToS-DRによる評価も「Good Privacy Practices」となっており、さすが本家と言ったところである。

ちなみにライバルとも言えるGoogleはトラッキングと広告のブロック機能が有効であっても評価は「D」であり、ToS-DRの評価は「Poor」となっていた。

まとめ

DuckDuckGo Privacy Essentials拡張機能はトラッキングや広告のブロック機能だけではなく「そのサイトがどれだけプライバシー的に問題があるのか」ということを視覚化してくれるため、プライバシー問題に関心がある人にとっては非常に有用だし、関心がなくても単純なアクセス解析・広告ブロッカーとしても十分に使用に耐えるものなのでおすすめだ。